toggle
2016-06-03

価値観って鎧のようなもの。人それぞれ違って当り前。

私の提供するメニューの中に、「いかこん」があります。

いかこんは怒りのコントロールということで名前を付けまして、オリジナルのキャラクターも作りました。

f:id:surume-biryudou:20160603165037p:plain

↑するめたん

 

次男の発達に不安を覚えて、アンガーマネジメントや心理学、発達障害について色々調べて出来上がったものですが根っこにあるものは自分の価値観はなんなのか?ということです。

 

自分の価値観はなにかわかりますか?

自尊心を守るために価値観という鎧をまとい、そこから性格が作られている。

価値観って、こうあるべきという前提なんですね。

 

「朝食はご飯であるべき」

「男は外でお金を稼いでくるべき」

「女は家にいるべき」

 

とか。

これって同じ両親から生まれた兄弟でも違います。

全く同じという事はまずない。

だとしたら赤の他人同士で同じ確率はさらに低い。

環境であったり、生まれ順であったり、他社とのかかわりであったりで作られるもの。

 

人の中で生きていく上ですり合わせは必要だけど、同じにする必要は全くないです!

 

なんでこの人はこうなんだ!?と自分と同じにしようとするとイライラが起こります。

こういう人だ、という前提を変えることで自分の対処方法が変わり、自分の対応が変わることで相手も変わります。

 

最初から相手を変えようとするから怒りに変わる。

そりゃそうだよね、だってそれは自分を守る鎧だもの。

いきなり鎧を砕かれたら恐怖もあるし嫌悪感だってあるでしょう。

体は小さいけれども、子供にももちろんあります。

 

相手がどんな鎧をまとっているのか?

どんなものでも、一度受けとめてみると許容範囲がひろがりますよ。

最初から受け入れなくてもいいです。

まずは知ることが大切です。

Share

ご希望のコース (必須)
  リラクゼーション五行マヤ鑑定いかこん

友だち追加
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Share