水戸の美龍堂 からだ研究所の巴です。

 

イライラとどう向き合うか

先日いかこんを受けてくださったお客様が、「初めてのことでおもしろかった」と言ってくださいました。

 

いかこんは、怒りと向き合うワークです。

イライラなどは日常において負の感情と捉えられがちなので、向き合う事に違和感を覚える方も多いでしょう。

そもそも喜怒哀楽の「怒」はなんのためにある感情なのでしょうか?

なぜイライラするの?

怒るって、イラストで表すとだいたいこういう表情になると思います。

眉が釣り上がって、口はへの字になって・・・

すべて外側に向かってますよね。

そう、怒という感情は外に向かうもの。外に向かい、自分を守ってくれています。

では、守りたいものというのは何でしょうか?

自分を支えているもの

怒るという自分のエネルギーを使ってまで守りたいもの。

 

それは、自分の芯となる自尊心。自己肯定感。

 

自分であるための核となる部分ですが、これを壊されると自分が立てなくなってしまいます。

ここを土足で入られるように感じたり、大事にされていないと思えたり阻害されるという恐怖心、不安からの防衛本能で怒りは起こります。

それが継続されることで、常に気が高ぶり苛立ちイライラするのです。

繰り返すシーン

例えば、職場で起こる一方的な罵倒。
部下が怒られている、同僚が怒られている場面が嫌でそういう環境にある今の職場に行くと常にイライラしてしまう。
仕事だからと割り切りたくとも、それができなくて余計にモヤモヤしてしまう。
 
 そういった場合、じっくり話をしてみると、「小さいとき親に一方的に否定されていた自分を思い出してしまう」という言葉がでてくることがあります。
 
母親とのかかわり、家族との関係が大人になってからの人間関係で反映されてしまうことって結構あります。
 
 
自分がどんなときにイライラするのか?
「嫌だ!」
そう思ったときは一度意識を閉じて、一歩引いてみてください。
目をつぶっても、イヤホンをするでもいいです。
今の環境を一度遮断してください。
 
 
相手にのまれないように。
引っ張られないように。
 
 
そして、自分のイライラするパターンに気づいてください。
 

人はエネルギーを持っている

 

人は、陰陽五行でいうと「腎」で生まれながらに持つエネルギーの量が決まっています。

成長するにしたがって後天的についてくる力もありますが、人はそこが枯渇すると手っ取り早く人から奪おうとします。

 

分かりやすいのは、強迫者になって力で抑え込んで自分の思い通りにしてしまうこと。

言葉だったり、力だったり、自分が優位に立つことで力を維持している。

 

でもそれって相手がいないとできないんですね。

一人でいられない。

 

本当は誰よりも人に助けてほしいのに、一人が嫌なのに。

うまく隣に立てなくて、上にたってしまうから余計に孤独感を味わってしまう悪循環。

イライラは悪ではない

イライラは、抑えなくていいのです。

見たくないものに蓋をするように、抑え込んでしまうと必ずどこかにほころびが来ます。

抑えなくていい、外に出していい感情です。

怒がないと自分が保てないのですから。

 

ただし、その時に大事にしてほしいことは

「自分を傷つけない
 他人を傷つけない
 物を傷つけない」

ということ。

 

怒りは誰かを傷つけるものではありません。

自分を守るものです。

 

自分が何を大事にしているのか、どんな風に大事にしてほしいのか。

それを伝える努力を工夫してみてください。

 

同じ事柄でも、受け取り方は本当に人それぞれです。

自分の受け取り方を変えるだけで、見えていた世界がガラッと変わることもあります。

そのために、パターンにはまらないでいろんな見方ができるように、自分の枠を広げておくと結果的に自分も楽になるのです。

 

そういう視点の気づきも、いかこんでお話しいたします。

 

あなたは誰のものでもなく、あなたのもの。

自分の軸を持ちましょう。
The following two tabs change content below.
研究員 巴

研究員 巴

するめオーナー美龍堂
秋田県出身。 やりたいと思ったことはまずやってみる。一度ハマるととことん突き進む猪突猛進型。 高校卒業後は専門学校へ。ゲームソフトクリエーター科へ進学する。プログラムからデザイン、シナリオ等幅広く2年学んだ後、就職先に選んだのはリラクゼーション業界。 人の体に触れるうちに、筋肉だけでなく人そのものに興味が湧き、心理学、薬膳、易やマヤ暦、陰陽五行なとを学ぶ。 2015年に独立起業し、メインのもみほぐしだけでなく、今までの経歴を活かしたパソコン関連のお悩み相談や薬膳や鑑定の依頼も受けている。 プライベートでは4児の母。家族ノートにてブログも更新中。 もう一つの事業として、やりたいを形にする本拠地プロジェクトも行っている。