さすらいの解凍系施術士 美龍堂のするめオーナー巴です。

千葉の古民家

私がお世話になっている古民家が千葉にあります。

千葉の東庄というところ。

ちょっと30分走ると茨城、という丁度境目の所です。

スポンサーリンク



体が喜ぶごはん

春子さんという方が、自然栽培で無農薬のお米を作っているのですが、そのお米とお野菜を使ったランチが密かに大人気!

↑揚げ物は醤油麹でいただきました。
そしてもちもちの玄米!

タップリのお野菜に、手作りのドレッシング!
このドレッシングは、窓の外にモリモリ生えていた現在ピークの「シソ」がベース。

 

大きく宣伝していないので、本当に知る人ぞ知る・・・という場所にあります。

 

室内はあまり手を加えず、古民家の良さがそのまま残っていてなんとも心地いいのです。 

外には田んぼが広がっています。

ここでお米が作られ、御飯としていただくだけでなく米粉にしてスイーツに使われたりしています。

それも、千葉だけでなく都内からもわざわざ春子さんのところに買いにくるそうです。

それくらい、不思議な魅力があるんですね。

食と体を休める

普段忙しい生活をしていると、どうしても時間効率や食べやすさを重視してしまいますが本来のお食事は「20回噛む」と言われるように時間をかけてゆっくりいただくもの。

元々日本の食は、口の中で初めて調理が完成します。

そのためにはしっかり咀嚼する事が大切なんですね。

カラダよろこぶ するめ会の詳細

☆60分5000円(ランチ込み

☆11時~

※4名限定、お子様連れ可能

https://www.facebook.com/events/164781264096311/

ご予約は下記のお問い合わせフォームか、フェイスブック、ラインで受け付けております。

The following two tabs change content below.
秋田県出身。 やりたいと思ったことはまずやってみる。一度ハマるととことん突き進む猪突猛進型。 小学生から漫画、中学からは小説、高校では家政科に進み勉強はそこそこに、パソコン、ゲームとハマっていき、高校卒業後は専門学校へ。ゲームソフトクリエーター科へ進学する。プログラムからデザイン、シナリオ等幅広く2年学んだ後、就職先に選んだのはリラクゼーション業界。 理由は、自分の肩こり、頭痛に悩まされていたのもあるが、地元秋田にリラクゼーションの技術を持ち帰りたいと思ったから。 人の体に触れるうちに、筋肉だけでなく人そのものに興味が湧き、心理学、薬膳、易やマヤ暦、陰陽五行なとを学ぶ。 2015年に独立起業し、メインのもみほぐしだけでなく、今までの経歴を活かしたパソコン関連のお悩み相談や薬膳や鑑定の依頼も受けている。 プライベートでは4児の母。家族ノートにてブログも更新中。 もう一つの事業として、やりたいを形にする本拠地プロジェクトも行っている。

最新記事 by するめオーナー (全て見る)

Share
スポンサーリンク