美龍堂するめオーナー、巴です。

マヤを意識するとどうなる?

マヤ暦は260日で一年というサイクルで進みます。

グレゴリオ暦よりも一年が早く、宇宙の流れを組んでいるという不思議な暦。

マヤ暦を意識するとシンクロが起こはじめ、次元を超えて成長でき、宇宙と繋がり本来の自分を生きることができる。

ただの占いの一つではないんですね。

5つの城

マヤ暦は、全部で5つの「城」という大きな流れがあり、それぞれが意味を持って存在しています。

 

第一の城 Kin1~52

「起」種まきの時期

 

第二の城 K53~104

「承」鍛錬の時期

 

第三の城 K105~156 

「転」変化の時期

 

第四の城 K157~208 

「結」借り入れの時期

 

第五の城 K209~260
2017年4月02日~2017年5月23日

「回帰」整理、振り返りの時期

 

 

起承転結を終え、新たな一年を踏み出す前の準備の期間が「第5の城」です。

 

一つの城につき52日間。

その52日間は4つに分かれていて、それぞれ起承転結(13日×4)が設けられています。

 

今日からの13日は「結」の「黄色い星の13日」。

 

黄色い星は芸術や美の星。

職人タイプのプロフェッショナルな気質です。

 

ご自身がこの紋章を持つ持たないは別として、宇宙の流れに乗るためには本物に触れる、美しいと思うものに触れる。

自分が大事に思うことを磨き、輝かせていきましょう。

 

 

昨日までの青い鷲の13日は先見の目を持ち、俯瞰して見つめることで自分が進む道を定める期間でした。

丁度GWもありましたね。

意識せずとも、自分と向き合い、家族、環境と向き合う時間が取れたのではないでしょうか。

 

 

自分が大事にしている思い、目指すもの。やりたいこと。

目の前だけ見ていると忘れてしまいがちな事ですが、この「志」があるかないかで周りへの影響力や人生の充実感も変わってきます。

 

タスクをこなすことだけが目的ではなく、目標を達成するための工程の一つであって、その目標すらも人生を豊かにする工程の一つだったりします。

 

今日から始まる「黄色い星の13日間」。

意識して過ごしてみてくださいね。

Share