美龍堂するめオーナー、巴です。

 

7月の15日から、マヤ暦では第二の城に入りました。

スポンサーリンク



マヤの暦

マヤの暦は260日。

260日=52日×5つの城という構成になっていて、その5つの城にも意味があります。

 

起・承・転・結+リセット期で、5つ。

 

そのうち、2017年7月15日~2017年9月4日が「承」である今の時期。

 

 

 

そして、いわゆる夏の土用も丁度この時期にあるんです。

 

2017年の土用:7月19日~8月6日

丑の日:7月25日と8月6日

 

夏の土用は、「土用の丑の日にはうなぎを食べよう!」で広がっているのでご存じの方も多いハズ。

土用の時期は年に4回あるのですが、これはまた別の回で。

 

 

土用はなぜ設けられたのかというと、季節と季節の間にあるお休みの時期。

土に関わることを避ける、体調が下降する、などデトックスの時とも言われますね。

 

話はマヤに戻りますが、第2の城の中でも起承転結があります。

7月24日の今日は「起」である赤い空歩く人の13日の10日目。

 

 

赤い空歩く人のキーワードは「人の成長の手助けをする」

教育者に多いと言われる紋章の一つです。

 

あくまで手助けをすること。

見返りなく、無償の精神で相手を支えるということは母性愛にも似ています。

 

家族やパートナーはもちろん、仲間やお客様に対してもそういう気持ちで接してみましょう、という13日。

あと3日ですが、意識してみてください。

The following two tabs change content below.
秋田県出身。 やりたいと思ったことはまずやってみる。一度ハマるととことん突き進む猪突猛進型。 小学生から漫画、中学からは小説、高校では家政科に進み勉強はそこそこに、パソコン、ゲームとハマっていき、高校卒業後は専門学校へ。ゲームソフトクリエーター科へ進学する。プログラムからデザイン、シナリオ等幅広く2年学んだ後、就職先に選んだのはリラクゼーション業界。 理由は、自分の肩こり、頭痛に悩まされていたのもあるが、地元秋田にリラクゼーションの技術を持ち帰りたいと思ったから。 人の体に触れるうちに、筋肉だけでなく人そのものに興味が湧き、心理学、薬膳、易やマヤ暦、陰陽五行なとを学ぶ。 2015年に独立起業し、メインのもみほぐしだけでなく、今までの経歴を活かしたパソコン関連のお悩み相談や薬膳や鑑定の依頼も受けている。 プライベートでは4児の母。

最新記事 by するめオーナー (全て見る)

Share
スポンサーリンク