美龍堂するめオーナー、巴です。

 

7月の15日から、マヤ暦では第二の城に入りました。

マヤの暦

マヤの暦は260日。

260日=52日×5つの城という構成になっていて、その5つの城にも意味があります。

 

起・承・転・結+リセット期で、5つ。

 

そのうち、2017年7月15日~2017年9月4日が「承」である今の時期。

 

 

 

そして、いわゆる夏の土用も丁度この時期にあるんです。

 

2017年の土用:7月19日~8月6日

丑の日:7月25日と8月6日

 

夏の土用は、「土用の丑の日にはうなぎを食べよう!」で広がっているのでご存じの方も多いハズ。

土用の時期は年に4回あるのですが、これはまた別の回で。

 

 

土用はなぜ設けられたのかというと、季節と季節の間にあるお休みの時期。

土に関わることを避ける、体調が下降する、などデトックスの時とも言われますね。

 

話はマヤに戻りますが、第2の城の中でも起承転結があります。

7月24日の今日は「起」である赤い空歩く人の13日の10日目。

 

 

赤い空歩く人のキーワードは「人の成長の手助けをする」

教育者に多いと言われる紋章の一つです。

 

あくまで手助けをすること。

見返りなく、無償の精神で相手を支えるということは母性愛にも似ています。

 

家族やパートナーはもちろん、仲間やお客様に対してもそういう気持ちで接してみましょう、という13日。

あと3日ですが、意識してみてください。

Share