水戸の美龍堂 からだ研究所の巴です。

 

マヤ暦気になる!というかたが最近増えてきたので、どういう使い方がオススメか改めて書いていきたいと思います。

ただの占いではないマヤ暦

マヤ暦は、かつて中南米に栄えたマヤ文明で使われていた暦です。

石版が今でも残っていて、日本に入ってきた際に見やすくしたものがこちらの暦。

赤い龍、などの20の刻印が使われていて、全てこの地球に存在するものが象徴されています。

そして宇宙のリズムにのるための13の音。

 

人は、20の刻印の中から「太陽の紋章」と「WS」と導かれる音を持って生まれてきます。

※太陽の紋章とWSが同じ刻印の方もいます。

マヤ暦って占いなの?

太陽の紋章は顕在意識として表に出やすく、分かりやすいもの。

WSは潜在意識なので 無意識下にあります。

 

人によってはなかなか見えづらい部分なのですが、今の表に出ている行動の大元となっているところ。

「この行動はここから来ているのか!」と気付きが多い部分でもあるのです。

 

この気付きがシンクロを呼び、宇宙と繋がることが出来るというのがマヤ暦。

 

よくあるのは、マヤ暦は占いなの?という質問ですが、それは捉え方によってどちらにも取れます。

生年月日でわかること

マヤ暦は生年月日からKINを調べます。

そのKINをもとに太陽の紋章とWSを算出して資質を見ていくのですが、他の占いと大きく違うのはマヤには「良い悪い」という概念がないことです。

 

例えば、太陽の紋章とWSとどちらも自分と反対のKINをもつ「絶対反対KIN」と呼ばれる関係性があります。

これは単純に相性が悪いというわけではないのです。

絶対反対KINの人に会ってしまった時

 

自分と全く見ているところが違う、背中合わせの状態なので自分にとっては学びの多い相手。

 

それと同じように、マヤ暦で見た時に類似の関係性があるからと言って相性が良いというわけではありません。

お互い居心地が良かったり、無意識に同じ行動をとっていたりとシンクロが起きやすいのですが、それぞれ音が違うように波長の合う合わないがあります。

同じ紋章を持っている人でもお互いの進化するスピードが同じとは限らないのです。

結婚相手を選ぶ時

これから一生を共にする結婚相手を選ぶ時、どこを見て決めますか?

容姿、性格・・・その前に、まず気になったら相性診断をして良い相手と付き合う。という調査結果があるそうです。

 

相性がよかったら上手くいくのではないか?

 

確かに、統計学的には合う確率は高いかもしれませんが大事なのはそこではありません。

誰にも得意不得意があって、そこをどうやってクリアしていくのかが楽しさでもあり苦しさでもあります。

その波を一緒に励ましあって超えていけるのか。

 

結婚式の誓いの言葉には、

「病めるときも健やかなるときも 富めるときも貧しきときも」

というフレーズがありますよね。

 

いいときばかりでなく、落ち込んだ時やうまくいかないときにこそ一緒にいられる人が結婚相手だと思うのです。

命が尽きる時に「ありがとう」と感謝出来る人生を生きられるように、並走して、時には励まし反発しあいながらもお互いを高めあっていける相手。

占いではわからない

マヤは普通の占いと違い、相手からどんな学びがあるのかを事前に予測することが出来ます。

結婚してからもうまくいくかどうかは相性ではなく、どれだけ思いやりを持てるのかが重要なのです。

 

普段は喧嘩をしていても、いざという時頼れたり、自分が見えていないことを指摘してくれたり、同じところが見えていることが最善とは限りません。

意外にも、見えないところを見てくれている存在は貴重です。

小さい時は両親が後ろから見守っていてくれましたが、大人になるとそういった存在も少なくなります。

 

 

マヤ暦でみたときに「あの人とは関係性がないから自分には関係ないんだ」と思わず、出会った縁を大切にしていきましょう。

The following two tabs change content below.
研究員 巴

研究員 巴

するめオーナー美龍堂
秋田県出身。 やりたいと思ったことはまずやってみる。一度ハマるととことん突き進む猪突猛進型。 高校卒業後は専門学校へ。ゲームソフトクリエーター科へ進学する。プログラムからデザイン、シナリオ等幅広く2年学んだ後、就職先に選んだのはリラクゼーション業界。 人の体に触れるうちに、筋肉だけでなく人そのものに興味が湧き、心理学、薬膳、易やマヤ暦、陰陽五行なとを学ぶ。 2015年に独立起業し、メインのもみほぐしだけでなく、今までの経歴を活かしたパソコン関連のお悩み相談や薬膳や鑑定の依頼も受けている。 プライベートでは4児の母。家族ノートにてブログも更新中。 もう一つの事業として、やりたいを形にする本拠地プロジェクトも行っている。