toggle
2017-02-28

歩くときに足がつっかかる

今日のお客様、半数の方が腰から下の違和感を感じていました。

 

歩くときに足が突っかかる

しびれはなくなったが股関節がどうも変な感じがする

 

 

そして実際、押してみると足の張りはありましたが腰から背中のコリが酷い!!

一枚の板のようにカッチカチでした。

 

大分寒さも落ち着いてきましたが、外気の冷えの影響もありますね。

そして筋肉だけではなく、胃腸の疲れなど内臓からの疲労により腰痛を感じる場合もあります。

 

意外な腰痛の原因

 

特に冬の時期は五行でいうと

泌尿器系が弱る時期でもあります。

この「腎」は骨を正すことで整いますので、カイロや整体などがおすすめです。

普段の食事で養生するとしたら、味噌などの味付けのもの、色味としては黒いもの(黒豆やわかめ、のりなど)。

 

そして、冬から春に変わると今度は「肝」に影響が出てきます。

 

肝がつかさどるのは精神・情緒。

気分が浮ついたり、不安になったりイライラしたり・・

 

何かが始まるときは心が不安定になりますね。

それによって気の巡りの中心である首から肩甲骨にかけての背骨ライン。

ここが張りやすくなります。

 

そう、お客様に多かった背中から腰にかけての張りの原因の一つです。

 

それに伴って、上半身が固くなることによりそれを支えている股関節に影響がでて足が上がりづらい、痛みが出る、歩くと引っかかる・・・などの症状もでます。

単純に足が疲れているだけ、ではなく全体のバランスを整えることが大事になってきますね。

 

 

リラクゼーションは体をほぐし、全身をみていきます。

一カ月に一度のメンテナンスをお勧めします。

Share

ご希望のコース (必須)
  リラクゼーション五行マヤ鑑定いかこん

友だち追加
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Share