水戸市の総合リラクゼーション 美龍堂するめオーナー、巴です。

 

そろそろ春分の日とあって、だんだん日中の日も伸びてきましたね。

3月は雪が降ったり温かくなったり、温度差が激しい月でもあります。

春に多いめまい

陽気の変化に伴い、めまいの症状を持ったお客様が増えています。

 

どうも毎年この時期にめまいが起こる・・・

実際に病院に行っても原因がよくわからず、レントゲンやMRIなど検査をしても何も見つからない。

とりあえず出された薬は飲んでみるものの変化がない。

などという声も・・・

 

めまいと言っても、実は様々な原因とタイプがあります。

一つの目安として、いくつか挙げていきます

主なめまいの種類

①ぐるぐるまわるめまい

耳から生じるもの。

三半規管などが主な原因で、ストレスや炎症、何らかの要因で三半規管の中のリンパ液が増え、動いていないのに動いていると感知してしまうもの。

酔ったような感じになり、ひどい方だと吐き気や嘔吐をしてしまう場合も。

聞こえにくくなったりといった聴覚に影響が出やすくなります。

 

このタイプは、首肩のコリをほぐしたりリンパを流すオイル、アロマなどで体をリラックスさせることで緩和する場合があります。

生活習慣を整えて、副交感神経と交感神経の切り替えをスムーズにすることも大事です。

②ふわふわするめまい

脳から生じるもの。

脳幹の機能の低下やストレスなどによるめまい。

血圧の変化や動機、息切れなど呼吸器、しびれや視界など他の部分にも影響がでることもあります。

 

春を五行でみてみると

五行でいうと春は肝。

肝臓といえばお酒をイメージするかと思いますが、肝は寝不足やストレスといったセンサーを真っ先に受け取るところでもあります。

「疲れてるよ!」という司令を一番先にキャッチするところ。

薬膳の目線でみる肝

春の旬のものといえば、たけのこや山菜、カツオなど。

味としては「苦」のものが多く、この性質の特徴として

・体の余分な水分などを排出する

・余分な熱を取り除く

・デトックス

・精神を安定させる

などがあります。

 

ストレスと体

卒業式や入学式、年度の切り替えなど環境が変わる人も多いのではないかと思います。

体も心も緊張しやすい時期。

そういった無意識のストレスによってめまいが酷くなったり頻繁に起こったりすることもあるので、特に今の時期は「なんかいつもと違うな」と思ったら潔く体をゆるめましょう。

無理は禁物です。

 

日本人はどうしても頑張ってしまう傾向があるので、「ゆるめる」が苦手でもあります。

 

一つしかない自分の体。

 

力を入れるところと緩めるところのメリハリがなく、常に頑張っていると体を動かすエネルギーがどんどん消耗します。

エネルギーは体や心の原動力。

反動で心が疲れてしまっては肝心の体が動かなくなってしまいます。

 

水戸光圀公が、一張一弛という言葉を残していますが、張り詰めたり緩めたりのバランスが大事なのはいつの時代も変わりません。

長い人生を楽しむためにも、自分の体と上手につきあっていきたいですね。

The following two tabs change content below.
するめオーナー

するめオーナー

するめオーナー美龍堂
秋田県出身。 やりたいと思ったことはまずやってみる。一度ハマるととことん突き進む猪突猛進型。 高校卒業後は専門学校へ。ゲームソフトクリエーター科へ進学する。プログラムからデザイン、シナリオ等幅広く2年学んだ後、就職先に選んだのはリラクゼーション業界。 人の体に触れるうちに、筋肉だけでなく人そのものに興味が湧き、心理学、薬膳、易やマヤ暦、陰陽五行なとを学ぶ。 2015年に独立起業し、メインのもみほぐしだけでなく、今までの経歴を活かしたパソコン関連のお悩み相談や薬膳や鑑定の依頼も受けている。 プライベートでは4児の母。家族ノートにてブログも更新中。 もう一つの事業として、やりたいを形にする本拠地プロジェクトも行っている。
するめオーナー

最新記事 by するめオーナー (全て見る)

Share