なぜリラクゼーションを生業としている私が食養生の話をするのか?

それは生きる上で非常に大事な役割を担っているからです。

 

食養生について

 

カラダは気・血・水のバランスを保ちながら、五臓六腑を動かしています。

そのエネルギーになる食事。

 

とりあえずの食には何の力もありません。

ただ物質が体を通過して外に出ていくだけ。

 

「いただきます」と口にして、まさしく野菜やお肉、お魚の命を「いただく」という事。

意識をして食べることで、それはエネルギーになります。

みんなに生かされているんだな、と思えると自分の体にも目が向いてくる。

 

よく施術していてめちゃくちゃ背中が張っている方に「背中辛くないんですか?」というと「自覚が全くないです」とビックリされることがあります。

そしてほぐしていくと「そういえば2週間くらい前に背中がピキッていったんです・・・忘れてました」と体の違和感を思い出したりします。

 

忙しい毎日で、「あれっ?」と思ってもスルーしてしまいがち。

是非、食事の時に少し自分と対話してみてくださいね。

 

何が食べたいの?

味は感じる?

 

お腹に入っていく感覚、味わってください。

 

沢山食べなくてもいいんです。

美味しいと感じる量を、自分のセンサーを大事にしてくださいね。

The following two tabs change content below.
研究員 巴

研究員 巴

するめオーナー美龍堂
秋田県出身。 やりたいと思ったことはまずやってみる。一度ハマるととことん突き進む猪突猛進型。 高校卒業後は専門学校へ。ゲームソフトクリエーター科へ進学する。プログラムからデザイン、シナリオ等幅広く2年学んだ後、就職先に選んだのはリラクゼーション業界。 人の体に触れるうちに、筋肉だけでなく人そのものに興味が湧き、心理学、薬膳、易やマヤ暦、陰陽五行なとを学ぶ。 2015年に独立起業し、メインのもみほぐしだけでなく、今までの経歴を活かしたパソコン関連のお悩み相談や薬膳や鑑定の依頼も受けている。 プライベートでは4児の母。家族ノートにてブログも更新中。 もう一つの事業として、やりたいを形にする本拠地プロジェクトも行っている。
研究員 巴

最新記事 by 研究員 巴 (全て見る)

Share