toggle
2016-06-12

いただくということ

 なぜリラクゼーションを生業としている私が食養生の話をするのか?

それは生きる上で非常に大事な役割を担っているからです。

 

食養生について

 

カラダは気・血・水のバランスを保ちながら、五臓六腑を動かしています。

そのエネルギーになる食事。

 

とりあえずの食には何の力もありません。

ただ物質が体を通過して外に出ていくだけ。

 

「いただきます」と口にして、まさしく野菜やお肉、お魚の命を「いただく」という事。

意識をして食べることで、それはエネルギーになります。

みんなに生かされているんだな、と思えると自分の体にも目が向いてくる。

 

よく施術していてめちゃくちゃ背中が張っている方に「背中辛くないんですか?」というと「自覚が全くないです」とビックリされることがあります。

そしてほぐしていくと「そういえば2週間くらい前に背中がピキッていったんです・・・忘れてました」と体の違和感を思い出したりします。

 

忙しい毎日で、「あれっ?」と思ってもスルーしてしまいがち。

是非、食事の時に少し自分と対話してみてくださいね。

 

何が食べたいの?

味は感じる?

 

お腹に入っていく感覚、味わってください。

 

沢山食べなくてもいいんです。

美味しいと感じる量を、自分のセンサーを大事にしてくださいね。

Share

ご希望のコース (必須)
  リラクゼーション五行マヤ鑑定いかこん

友だち追加
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Share