水戸の美龍堂 からだ研究所の巴です。

 

寒の入りと言われる1月5日(小寒)をすぎると、最も寒い時期とされる日が大寒です。

大寒とはいつなのでしょうか?

二十四節気の大寒

日本では季節の変化に敏感で、春夏秋冬をさらに細かくし、節目ごとに節句を設けて心身ともに整えていくという文化があります。

それは薬のままならなかった時代から続いてきたこと。

春夏秋冬を更に二十四に分けて、農業や身支度など体を整えることを目的として行事などの目安として使われてきました。

二十四節気というのはあまり聞き慣れないかもしれませんが、これは春分の日や夏至、冬至なども含まれます。

冬至にはかぼちゃを食べ、ゆず湯に入るなどの風習は未だに残っていますよね。

冬至はいつ?かぼちゃとゆず湯の意味は?

秋分、寒露、霜降、立冬、小雪と進み、大寒を迎えます。

大寒の日はいつ

大寒の期間はいつなのかというと、現在の暦では大体1月20日頃を指します。

暦便覧という江戸時代に出版された暦の解説書には「冷ゆることの至りて甚だしき時なればなり」と説明されています。

小寒から数えておよそ15日ころにあり、寒仕込みといって寒さを利用した保存食の仕込みに最も適している日。

昔は味噌、醤油、お酒作りが行われるのに最適な時期とされました。

食だけでなく、寒稽古といって毎年この時期に海の中で武道や修練を行うことで寒さに負けない心身の錬磨をする姿も見られますよね。

寒の水

大寒にまつわる食べ物

他の行事や節気、節句でもそうですが生活と食養生は深く結びついていて、大寒の日もやはり縁起物の食べ物が用意されています。

ここからいくつか、代表的な食べ物をまとめて紹介していこうと思います。

大寒の水

この時期のお水は「寒の水」という、腐らない・雑菌が少ないため体に良い水と言われてきました。

更に、寒の入りから9日目のお水は「寒九の水」と称され、薬になるくらいの特別な力を持っています。

効果は科学的に実証されていませんので実際はどうなのかという疑問はありますが、昔から言い伝えられている言葉です。

今でもお酒を仕込む前、酒蔵によっては、この日に合わせて冬の雪山に入り水を汲みに行く・・・というところもあるそうです。

年1月、寒の入りから九日目。菅名岳どっぱら清水へ仕込水を求めて約370人(平成30年度)の参加者が雪を踏みしめて山道を登る。これが「寒九(かんく)の水くみ」と呼ばれる蔵の1年で最も重要な行事です。

引用元:新潟の酒 風間酒店「菅名岳」

大寒の水の使い方は、酒造りだけでなく一般家庭でも服薬、味噌の仕込み、布を晒すなどに利用され、わざわざこの日を選んで水汲みに行くという方も多いようです。

大寒の卵

大寒の日に産み落とされたたまごは「大寒のたまご」と重宝されてきたことをご存知でしょうか?

大寒のたまご

大寒(だいかん)と読みます。

この大寒のたまごは「食べると健康に暮らせる、金運がアップする」と言い伝えられています。

これはどうしてでしょうか?

 

昔は今のように空調が整った環境にいなかった鶏は、寒くなるにつれどうしてもたまごが産まれにくくなります。

更に、厳しい寒さで水をあまり飲まなくなり、そのかわり餌を多く摂るようになるので一年の中でも最もたまごに栄養が行き渡りやすくなります。

そんな時期にある大寒の日は最も寒いとされる日。

一番栄養が凝縮されているその大寒の日に産み落とされたたまごは、通常の卵と違い黄身が濃厚で栄養たっぷりなこと、色味も普段の薄い黄色から濃い黄色〜橙色に変わるため、その色と形に由来して金運アップできると重宝されたのです。

スーパーなどで購入するといつ生まれたのかわからないので難しいですが、最近では事前に予約をして、ネットで「大寒のたまご」を直送するサービスを打ち出している農家さんもいるようですね。

もし入手できれば今年1年の運勢は最高ですね!

大寒の日は宝瓶宮の始まり

西洋占星術では、この日を境に宝瓶宮(水瓶座)の始まりとなります。

水瓶座の神話によると、

どれほどの美しい女性にも勝る容姿をもつと言われるガニメドは、ある日、大神・ゼウスの目に留まり、わしに姿を変えたゼウスにさらわれてしまいます。
ガニメドは、故郷を離れ悲しみにくれますが、やがてはオリンポスの山に留まり、ゼウスの側で酒を酌むなどして過ごしたと伝えられています。

出典元:星座図鑑

とあり、水瓶を持った少年が目に浮かびます。

星座にまつわる神話みずがめ座

水瓶座は「人間らしさ」「友愛」「波動」がテーマ。

大寒の日から始めるということで、大寒の水と水瓶座がリンクしていたりして面白いですね。

大寒がすぎれば季節は春

大寒から15日たつと、次は立春。

春分の日を迎えると季節はあっという間に春になります。

 

まだ気温は寒いですが、その中に太陽の光を感じることで春のありがたみを体感できます。

まだまだ寒い日が続きますが、季節の食材や料理をいただきながら体を整えて行きましょう。

The following two tabs change content below.
研究員 巴

研究員 巴

するめオーナー美龍堂
秋田県出身。 やりたいと思ったことはまずやってみる。一度ハマるととことん突き進む猪突猛進型。 高校卒業後は専門学校へ。ゲームソフトクリエーター科へ進学する。プログラムからデザイン、シナリオ等幅広く2年学んだ後、就職先に選んだのはリラクゼーション業界。 人の体に触れるうちに、筋肉だけでなく人そのものに興味が湧き、心理学、薬膳、易やマヤ暦、陰陽五行なとを学ぶ。 2015年に独立起業し、メインのもみほぐしだけでなく、今までの経歴を活かしたパソコン関連のお悩み相談や薬膳や鑑定の依頼も受けている。 プライベートでは4児の母。だんよめにて夫婦でブログを更新中。 もう一つの事業として、やりたいを形にする本拠地プロジェクトも行っている。