水戸の美龍堂 からだ研究所の巴です。

 

GWにはいり、お出かけの予定も立てていると思いますが、特に男の子がいる家庭に向けて、5月5日について考察していきたいと思います。

 

端午の節句の由来

端午の節句とはこどもの日のこと。

別の記事で書いたように、節句は季節の節目ごとに、心と体を整える為に作られたものです。

文化に触れる節分のはなし

十二支は、その年に生まれた子供に割り当てられるもの以外に、12ヶ月に一つずつ配置されているものもあります。

5月の十二支は何かご存知ですか?

 

端午って?

5月は、「午(ご)」にあたります。

午は馬のこと。

陽気・おしゃれ・派手をイメージするもので、五行で表すと「南」「火」。

そして、火の三合の始まりでもあります。

 

この考え方はちょっと難しいのですが、順番に紐解いていきたいと思います。

火の三合とは

三合という考え方は、主に風水で使われる事が多いです。

吉方位、方位取り、三合参りなどの考え方がこれにあたります。

 

そして、火の三合とは、午・戌・寅のこと。

この順番は決まっており、生旺墓と「生まれ栄えて衰える」流れになります。

五行の考えにのっとり、木火金水とそれぞれ配置されていて意味合いも異なります。

 

火の三合が表すものは「学問・学術・社会的地位名誉や地位」

 

ここから、子供の成長を願う節句として特に男の子のお祝いになったのだと予測されます。

鯉のぼりはどうして飾るの?

こどもの日には鯉のぼり、菖蒲、兜、柏餅というのがポピュラーだと思われますが、それぞれにもやはり意味があります。

菖蒲を飾る

菖蒲をお風呂に浮かべて入る菖蒲湯、菖蒲の根茎を乾燥させて「菖蒲根」という生薬にしてお酒などでいただく方法があります。

この菖蒲は、尚武という武道を重んじる考え方と同じ読み方であるから選ばれたのだとか。

他には、菖蒲の葉が尖っていて剣に見えるから、邪気を祓う香りをもつから、など諸説あります。

兜は戦場で大切な頭を守るもの。

このことから、災から身を守ってくれますようにという願いが込められています。

 

鯉のぼり

古くは江戸時代、将軍や武家に男の子供が生まれると、のぼりを立ててお祝いをする風習がありました。

それが庶民に伝わっていくのですが、のぼりを持たない家は立身出世を祝って鯉ののぼり、鯉のぼりを立てるようになります。

 

中国の黄河上流に、竜門という激流が流れる滝があり、「そこを遡った魚には霊力が宿り龍になる」と言われていました。

その魚は鯉。

鯉のぼりを飾ることで、子供の成長と出世を願ったことが鯉のぼりの起源だそうです。

 

柏餅

これらは何を表しているかというと、先に描いた「火の三合」のこと。

①時 火の旺気

②外 植物→木・寅

③形 炎型→火・午

④内容 粉・甘み→土・戌

 

②の植物に柏が使われたのは、葉っぱの形以外にも理由があります。

柏の木は新芽が出てから古い葉が落ちる=新芽を子・古い葉を親に例えて子供が生まれるまで親が死なない「子孫繁栄」という事に由来するから。

そして葉の裏表があるのは、中身の違いで、裏が味噌・表が餡だそうです。

 

 

 

 

うちは男の子がいないから、と言わず「学問・学術・社会的地位名誉や地位」の開運アイテムとして是非、取り入れやすい柏餅を用意してみてくださいね。

 

The following two tabs change content below.
研究員 巴

研究員 巴

するめオーナー美龍堂
秋田県出身。 やりたいと思ったことはまずやってみる。一度ハマるととことん突き進む猪突猛進型。 高校卒業後は専門学校へ。ゲームソフトクリエーター科へ進学する。プログラムからデザイン、シナリオ等幅広く2年学んだ後、就職先に選んだのはリラクゼーション業界。 人の体に触れるうちに、筋肉だけでなく人そのものに興味が湧き、心理学、薬膳、易やマヤ暦、陰陽五行なとを学ぶ。 2015年に独立起業し、メインのもみほぐしだけでなく、今までの経歴を活かしたパソコン関連のお悩み相談や薬膳や鑑定の依頼も受けている。 プライベートでは4児の母。家族ノートにてブログも更新中。 もう一つの事業として、やりたいを形にする本拠地プロジェクトも行っている。
研究員 巴

最新記事 by 研究員 巴 (全て見る)

Share