toggle
2016-12-16

気まぐれ店主の壺焼き芋

先日、お仕事もかねてこちらにお邪魔してきました。

 

 

気まぐれ店主の芋屋

http://shop.kimagure-tensyu.com/

 

 

ただの焼き芋じゃないんですよー。

 

今では珍しい、つぼ焼き芋で作る焼き芋です!

 

是非焼き立てを!とオススメしていただいたので、事前に予約をして伺ったんですがほんとにめちゃくちゃおいしい♡

 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-12-16-14-56-40

スイートポテト?

芋羊羹?

ホントにスイーツみたい(^^♪

 

裂けるチーズのお芋版のよう。

トロトロでもべちゃっとしてなくて、しっかり食べごたえがあります。

 

 

「今年はいい芋ができたんだ」と店主の井出さん。

小ぶりでも実がしっかり入ってます。

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-12-16-14-56-26

 

無肥料栽培は作物の成長がゆっくりなので、天候によってかなり左右されてしまうそう。

それでも、無農薬、無肥料、無除草剤にこだわって大事に育ててきたお芋たち。

無除草剤ってどうやるかっていうと、芋を植えている畝以外、ずーっと緑の雑草だらけ。

その雑草に集まる虫を食べる虫がいて、さらに土壌を作るミミズも育ち、いい土になることで芋にとっても良い環境が作れるという方法。

 

お天道様と、大地の力を借りてできたお芋。

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-12-16-14-56-08

 

そのお芋を、今度は練炭で窯焼きにします。

15分ごとにひっくり返しながら、丁寧に熱を加えていく。

芋の状態を見ながら、一つ一つじっくりと。

 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-12-16-14-55-53

 

最初は本職の自動車整備工場の合間に始めたつぼ焼きだけど、ご近所の方に配っていたら好評で「商売にしてみたら?」の声で本格的に始めたそうです。

 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-12-16-14-55-25

 

お母さんがね、お芋をひっくり返しながらいろいろお話ししてくれて、そういった会話のやりとりも楽しかったです^^

昔はきっと、こうやってツボの前に集まって井戸端会議してたんだろうなぁ~なんて思ったりして。

 

 

近所のお婆ちゃんが、「昔はつぼ焼き芋っていうのがあって、おいしかったんだよなぁ。また食べてみたいなぁ」と言っていたのを聞いて見よう見まねで作ってみたつぼ焼き。

買ってきた芋と、自分で丹精込めて作った芋はやっぱり味が全然違うんだって。

焼き時間も試行錯誤して、一番おいしい焼き加減を研究しながら、大変でも「無農薬、無肥料、無除草剤」にこだわりたいと皆で作っているつぼ焼き芋。

 

 

聞くと、城里町の特産品として登録されているそう。

JAや道の駅にも置いてあるんだって。

 

 

ちょうど食べきりサイズなので、冷凍保存しておいて子供のおやつにもいいよね。

実際、離乳食として子供に食べさせているというお客様もいるらしい。

砂糖も何も使わないのにこの甘さだもん。

 

帰宅して子供たちに食べさせたら、あっという間になくなりました(笑

 

 

ほんとは直接焼き立てを食べてほしい!

けど、ちょっと難しい…という方はネットでも購入できるのでこちらから見てみてくださいね~。

 

http://shop.kimagure-tensyu.com/

 

店内に釈由美子のサイン入りポスターがあるというのも個人的に気になるポイント(笑

つぼ焼き芋をプレゼントしたらお礼に送られてきたんだって!

しかもブログにも紹介されたんだとか。

 

ますます気になる~。

 

 

是非、茨城の城里町につぼ焼き芋を食べに来てください♪

 

ちなみにさつまいもは、胃腸の養生ができる素敵アイテムです。

気の巡りも良くしてくれるので寒くて気分も落ち込み気味な冬にもってこい!

Share

ご希望のコース (必須)
  リラクゼーション五行マヤ鑑定いかこん

友だち追加
関連記事
Share