さすらいの解凍系施術士 美龍堂するめオーナー、巴です。

喉にくる風邪

風邪にも様々タイプがありますが、何故か熱はそれほど続かずに咳が残るパターンがあります。

今回はこの咳について、漢方薬膳の目線で見ていきたいと思います。

スポンサーリンク



咳が出やすい季節

季節で言うと、春と秋に比較的多くみられます。

春という時期は「気」が上の方に行きがちなので、熱もこもりやすい。

そして秋は、呼吸器系のトラブルが増えるので喉や咳に症状がでやすいのです。

体質によっても咳の傾向がある

先程は咳が出やすい季節を上げましたが、今度は体質からみていきます。

①肺寒タイプ

「うつ伏せが辛い、サラサラした痰、冷え、顔色が青白い」

肺が冷えることで咳が出やすくなっている状態。

温めることとめぐりを良くすることが重要なので、豆乳(潤いと気を補う、消化吸収を高める)やしそ(発汗と気の巡りをよくする)やらっきょう(体を温めて呼吸の改善を促す)がおすすめ。

②肺熱タイプ

「体の乾き、黄色い痰、発熱、痰がからむ」

熱がこもることで咳が出やすくなっている状態。

余分な熱を発散させ、体にうるおいを与える事が重要なので、びわ(熱をとりのぞく、肺を潤す)や梨(熱を下げて潤いを与える)がおすすめ。

③虚証タイプ

「呼吸が苦しい、声に力が出ない、力のない咳、疲れると体が重くなる」

体のエネルギーが不足して咳がでている状態。

基礎的なエネルギーを上げることが重要なので、卵(特に卵黄は血を補い体力を回復する)やラム肉(お腹を温めて疲労、冷えを回復)ややまいも(滋養強壮、腎の力を高める)がおすすめ。

漢方の選び方

漢方で言えば、風邪といえば葛根湯がメジャーですが、葛根湯は全体的に熱量が多い人向け(筋肉質、エネルギー満点)です。

今はドラックストアでも比較的手に入りやすい漢方薬ですが、選ぶ時にもコツが有ります。

 

例えば、上記に上げた咳の場合。

①肺寒タイプ

小青竜湯:寒冷による咳、鼻水などの緩和に適する。

②肺熱タイプ

五虎湯:気管支の痙攣の緩和、炎症を鎮める作用がある。

③虚証タイプ

麦門冬湯:体力不足、肺や胃のエネルギー不足の方に。

 

などなど、一言で咳といってもオススメの漢方薬は変わってきます。

今は病院でも漢方薬を処方されるところも増えてきました。

面倒だからと独断で購入するのではなく、やはりきちんと証をみて処方してくれるところで経過を見ながら続けていきましょう。

漢方薬は根本的な体質改善に効果的ですが、即効性があるわけではありません。

大体3ヶ月をかけて、人間の体質は変わっていきます。

効果がないから、と諦めず、本当に体質を変えたいのであればゆっくり付き合っていきましょう。

 

食事や運動、生活習慣を整えながら、動きやすい体を作っていきましょうね。

The following two tabs change content below.
秋田県出身。 やりたいと思ったことはまずやってみる。一度ハマるととことん突き進む猪突猛進型。 小学生から漫画、中学からは小説、高校では家政科に進み勉強はそこそこに、パソコン、ゲームとハマっていき、高校卒業後は専門学校へ。ゲームソフトクリエーター科へ進学する。プログラムからデザイン、シナリオ等幅広く2年学んだ後、就職先に選んだのはリラクゼーション業界。 理由は、自分の肩こり、頭痛に悩まされていたのもあるが、地元秋田にリラクゼーションの技術を持ち帰りたいと思ったから。 人の体に触れるうちに、筋肉だけでなく人そのものに興味が湧き、心理学、薬膳、易やマヤ暦、陰陽五行なとを学ぶ。 2015年に独立起業し、メインのもみほぐしだけでなく、今までの経歴を活かしたパソコン関連のお悩み相談や薬膳や鑑定の依頼も受けている。 プライベートでは4児の母。家族ノートにてブログも更新中。 もう一つの事業として、やりたいを形にする本拠地プロジェクトも行っている。

最新記事 by するめオーナー (全て見る)

Share
スポンサーリンク