さすらいの解凍系施術師 するめオーナー巴です。

 

2月2日は節分。

節分ってただ豆を投げる行事でしょ?お掃除も大変だし・・・と、ついつい手間を考えてします。

今日はそんなちょっと面倒だな、と思ってしまう節句についての話をしていきたいと思います。

五節句のなりたち

日本では、古くから季節ごとに行う伝統行事というものがあります。

太陽や気候、月の満ち欠けなどを楽しむ文化があるんですね。

その日は節目の日として、家々では食事を用意し、神様とともに家族でいただきます。

江戸の頃、暦に「最も重要な年中行事」として五節句が取り入れられました。

陰陽五行と節句

仏教や儒教とともに日本に入ってきた陰陽五行。

その思想は行事から体のツボなど様々なところに取り入れられています。

この五節句、陰陽五行と深い関係があるのです。

 

◆五節句◆

1月7日 人日(七草)

3月3日 上巳(桃の節句)

5月5日 端午(菖蒲の節句)

7月7日 七夕(七夕)

9月9日 重陽(菊の節句)

※1月1日の元旦は別格とされています

 

見ての通り、すべてゾロ目。

しかも全て奇数です。

暦としての重日

月の数と日の数を重ねた日を重日といいますが、この五節句以外にも、暦としての重日があります。

それが、4月の巳の日と10月の亥の日。

易学の考え方で、乾☰は天(陽の陽)で巳は十二支のうち純の乾。

坤☷は(陰の陰)で亥は純の坤。

ということで、善悪関わらず重なるといい、特に凶事に用いることを忌み、吉事でも婚姻などは避けられてきました。

陰陽五行との関係

陰陽五行は森羅万象を読み解くための哲学、思想であり、万物は木火土金水で成り立っているという考え方です。

五節句もたまたま5つあるわけではありません。

11月11日が五節句に該当しなかったのは謎ではありますが、二桁だったため外れたという説があります。

節分と節句

混乱しやすいのが、節分は節句ではないということ。

節分は、季「節」を「分」けること。

つまり、冬から春に変わる境目なのです。

あまり知られていませんが、年に4回、その境目があります。

有名なのは夏の土用、土用の丑の日ですが、意外にも一番キツイのは「冬の土用」なのです。

そう、丁度節分が来るまでの今の時期。

 

先程でてきた陰陽五行。そのうちの「土」に当たる時期。

新しい季節に変わる準備期間の18日間が土用とされ、体調を崩しやすく、土に関することは特に避けるようにとされてきました。

節分行事

節分は江戸時代の頃にできたとされています。

鬼は幽霊や疫病など人に害を及ぼすものとして出来上がったそうで、属性としては「金」。
豆もこれに該当します。

それを「火」で炒ることで金を克する。

魔を滅するで豆が使われた説もあります。
まいた豆から芽がでると縁起が悪いとかいいますよね。

 

鬼は丑寅の方にすむと言われ、丑(うし)の角と寅のパンツを身につけているのが一般的な姿。

この寅。

干支にもいますが、生命力の象徴でもあります。

その寅にちなみ、亡くなった方に猫が乗ると生き返るとか、そんな言い伝えが残る地域もあるそうです。

そのくらいエネルギーが在るので、お財布の新調も寅の日を選びます。

一瞬で『千里を行って千里を帰る』という中国のことわざもあいまって、でていったお金がすぐ戻ってくると、寅の日が好まれるようです。

節分の食事

「鬼は外!福は内!」と言いながらの豆まきの他に、その年の恵方の方角をむき、太巻きを食べる文化があります。

地域によりそのスタイルや由来はかなり異なるようで、

 

・福を巻き込むから巻き寿司、縁が切れないように包丁で切らない。

・七福神にあやかり、7種類の具を用意する。

・鬼の金棒に見立て、それを退治する意味もある。

・遊女に太巻きを食べさせ楽しんだ。

 

などなど俗説も飛び交っています。

販売戦略の一つだった?

土用の丑の日がここまで一般的に広まったのは、平賀源内が鰻が売れない夏の時期に「土用丑の日」にからめ販売を始めたからだと言われていますが、節分もそれと似たような話があります。

太巻きも、広がりを見せたのは意外にもごく最近で、平成元年の頃。

2月に販売が落ち込むということで、節分にかけて大手コンビニチェーン店が売り出したことで広がったようです。

今では、「節分といえば豆まきと恵方巻き」という文化が根づいているので、そう考えるとすごいことだなぁと思います。

 

節分を以て春になり、土用もあけます。
このところ体調を崩していた方も多いですが、この際今まで心も体も抱えていたもの全部だしきって、新しいスタートを切りましょう♪

The following two tabs change content below.
研究員 巴

研究員 巴

するめオーナー美龍堂
秋田県出身。 やりたいと思ったことはまずやってみる。一度ハマるととことん突き進む猪突猛進型。 高校卒業後は専門学校へ。ゲームソフトクリエーター科へ進学する。プログラムからデザイン、シナリオ等幅広く2年学んだ後、就職先に選んだのはリラクゼーション業界。 人の体に触れるうちに、筋肉だけでなく人そのものに興味が湧き、心理学、薬膳、易やマヤ暦、陰陽五行なとを学ぶ。 2015年に独立起業し、メインのもみほぐしだけでなく、今までの経歴を活かしたパソコン関連のお悩み相談や薬膳や鑑定の依頼も受けている。 プライベートでは4児の母。家族ノートにてブログも更新中。 もう一つの事業として、やりたいを形にする本拠地プロジェクトも行っている。