水戸の美龍堂 からだ研究所の巴です。

 

7月の一大イベントといえば七夕(たなばた)。

織姫と彦星を思って、夜空を見上げる方も多いと思います。

七夕は恋愛成就イベントじゃない?

一年に一度しか会えない二人が、天の川を超えて再開できるロマンチックな日。

星たちも二人を祝福してキラキラ輝いている。

・・・なんて、素敵な物語と裏腹に本来の七夕は実は生活に密着したものでした。

意外にも、どうして七夕という行事が行われるのか、その由来について知っている方は少ないですね。

七夕の由来は

七夕飾りと短冊

小さい頃、家族で七夕飾りを作ったり、短冊に願いを込めてあれこれ書いたりしたと思います。

その七夕飾りはいくつか有り、代表的なものでいうと提灯のようなものは「くずかご」といって整理整頓・ものを粗末にしないようにという意味があります。

鶴は、家族の長生き。

そして、短冊は歌にあるように「五色の短冊」ということで五色が基本になっています。

五つの色といえば、そう、五行です。

五行と星座と七夕

木火土金水そのまま、青(緑)・赤・黄・白・黒(紫)で五色。

それぞれ、仁・礼・信・義・智を表しています。

一覧にすると、それぞれこのような分類になります。

木:青(緑) 徳を積むこと こと座のベガ、織女星、織姫(裁縫の仕事)
火:赤 祖先への感謝 蠍座のアンタレス
土:黄 友人や信頼を大切にすること わし座のアルタイル、牽牛星、彦星(農業)
金:白 決まりを守ること 天の川
水:黒(紫) 学力、学業の向上 夜空

このように、実は七夕も中国から入ってきたもので五行になぞらえて作られた行事なのです。

中国では古来より乞巧奠(きっこうでん、あるいは、きこうでん)と呼ばれる行事があり、名前の由来である乞巧という言葉は「技巧を授かるよう願い乞う」奠は「神仏などに物を捧げる」という意味だそうです。

それにならって、日本に入ってきてからも短冊には、当時盛んだった「手習い」や芸事、今で言う習い事が上手になりますようにという願い事を書いていたようです。

意外にも、現在のような恋人同士が奇跡的に巡り合う日という恋愛の要素はどこにもなかったのですね。

家族の健康、学力や人間力の向上、織姫に習って針の上達など、生きていく上での必要なことを改めて見直し、向上を祈る日だったようです。

 

この五行にまつわる行事は五節句などにも使われ、端午の節句などは非常にわかりやすい例ですね。

端午の節句と鯉のぼり

笹は厄除け

笹の葉が用いられたのは、まっすぐ天高く成長する生命力と殺菌、厄除けの意味を持ち、神々が宿る「依代」として用いられたのが始まりだそうです。

神社ではすす払いや地鎮祭の際に笹を使用するため、竹が生えていることが多いです。

そのため、七夕の願掛けをするのに笹竹は身近で使いやすいものだったのでしょう。

笹の意味

そうめんと七夕

七夕といえばそうめんが主流ですが、これも当時からあったようです。

そうめんは織姫の針仕事。

織姫というのは、諸説ありますがその村の女性、乙女、巫女であったという話があります。

海や川などの水辺に隔離された小屋で神に献上する衣を織って、神様の一夜妻となるために神を待つ巫女。

これが棚機津女(たなばたつめ)と言われる伝説です。

機織りをする女性

糸のイメージと長いものを食べることで長寿と願うという意味が込められています。

たなばたも棚機という漢字が元になっていて、ここからも機織りに関するものだということがわかりますよね。

 

また、ホツマツタエによるとこれに近い文章が記載されています。

全国の有力な国神(くにかみ)の姫の中から、素直で気立て良く、聡明で見目麗(みめうるわ)しい姫達を選び、日の神アマテラスを中心に十二人の姫を月に例えて十二月として東西南北の四方に配しました。その位は上位よりスケ(典侍)、ウチメ(内侍)、オシモ(御下)の三階級としました。
 今回初めて十二后を立てたそもそものわけは、若仁君(ワカヒト)の三代前の祖神(おやがみ)の第六代天神オモタル・カシコネに世嗣子(よつぎこ)が無いばかりに、一時期政(まつり)が途絶えて国の平和が乱れてしまった反省から、この度はイサナギ・イサナミの英断により決まりました。
十二后達は、天君(あまぎみ)を真中に据えて太陽とし、東西南北に月を配して三人づつ代わる代わる君にお仕えして、皆それぞれ機織(はたおり)をして操(みさお)を立てました。
 やっと神議(かみばかり)も終わり、人々に政(まつり)ごとが発せられました。

出典元:ホツマツタエ


あなたの守護神教えます 日本の神さま開運BOOK

もう一つ、奈良時代に伝わったもので中国では7月7日に亡くなってしまった帝の子の霊を鎮めるために、索餅というもの頂いていたようですが、こちらは日本ではあまり庶民まで伝わらなかったようです。

帝の子がなくなり、その後流行病が流行ったことで魂が鬼になってしまった。そのため、魔除けとしてその子が好きだったお菓子を捧げるようになった。という説。

江戸時代の中期〜後期の頃には七夕に合わせた行事からは外れてしまったようです。

索餅は、小麦粉を揚げたお菓子で、しめ縄のような形をしています。

奈良のほうでは形を変え、「しんこ菓子」として、関東の方では「すあま」と呼ばれおもに神社を中心に今では通年頂く風習があります。

すあま

冷やし中華は日本初

そうめんと似ているもので冷やし中華がありますが、こちらも主に五色の具が使われています。

意外にも、冷やし中華は日本が発祥だそうです。

昭和の頃に発案されたらしいのですが、もうその頃には五行思考は一般的なものだったのですね。

ちなみに、タレは酸味ですが、こちらは薬膳でいうと多汗、下痢、咳など体の外に出過ぎるのを抑えてくれる働きをします。

食材でいうと、梅や紫蘇も酸味にあたります。

織姫と彦星はどこから?

ここまで書いたように、織姫と彦星のエピソードは全く出てきません。

ではなぜ、今はこんなにも恋愛成就のイベントとして有名になったのでしょうか?

 

こと座のベガとわし座のアルタイルは、旧暦の7月7日に天の川をはさみ、2つの星特に光り輝く様からこのエピソードが生まれ、庶民に伝わりやがては七夕を代表する物語になりました。

川の畔で天の神の娘、織姫と真面目な青年彦星は夫婦で、一緒になってから仕事もせず遊び呆けていたので神さまが怒り二人を引き離し、会うことを禁止した。

織姫は泣き暮らし、彦星は小屋に引きこもるようになった為、見かねた神様が

「以前のように勤勉に働けば一年に一度会わせよう」

と約束をし、二人は元の通りそれぞれの仕事に精を出すようになった。

実は勤勉、家族がテーマだった七夕。

今年はちょっと意識を家族に向けて、短冊に願いを込めて飾る日にしてみましょう。