東北の、主に庄内地方で行われている冬の行事があります。

それが大黒様のお歳夜といわれるもの。

お歳夜というのは年越しの夜という意味をもち、祝い事の日であります。

大黒様のご利益

日本には八百万の神様がいると言われ、節句や行事などで折に触れて神様へ作物などをお捧げする機会があります。

 

毎年12月9日は大黒様の日として、お料理をお供えするという大黒様の日。

なぜ大黒様なのでしょうか?

 

大黒様は七福神の一人で、因幡の兎という話で傷ついた兎を助けた人物。

大国主の命と同一人物とも言われます。

 

大黒様

 

福耳で笑みを浮かべ、大きな袋を背中に担ぎ打ち出の小槌を持っているのが一般的なスタイル。

大抵は米俵に乗った姿をしていますね。

 

このことから、大黒様のご利益として五穀豊穣、財福があげられます。

大黒様の日お歳夜

12月9日は大黒様のご歳夜といって、ご先祖様を祀り大黒様に作物を捧げる日。

 

お膳はシンプルで、豆炒りや黒豆を入れた大根のなます、豆腐の田楽とハタハタの田楽焼(ぶりこと言われるお腹に卵が入ったハタハタ)、大豆ご飯と畑で取れた作物。

畑のご馳走である豆を使ったお膳が並びます。

そして、大黒様といえば一番大事な「まっか大根」!

 

まっか大根

これは二股に分かれた大根のこと。

 

その昔、吉高の神様に意地悪をされて餅をたくさん食べさせられて苦しむ大黒様をみた村人が、死んでしまっては大変と二股に分かれた大根の一本を折って食べさせたというお話があります。

お坊さんは「大根は上の方は一本でも二股になっているのがあるだろう、その二股の一方を刈って食べさせれば抜いたことにならないはずだ」というので、二股の大根をさがして食べさせたらあっという間にすっかり良くなったので皆は安心したそうだ。それから毎年、大黒様に二股の大根をお供えするようになったということだ。

出典元:登米の昔話

似たようなお話で、やはり餅を食べ過ぎた大黒様が通りがかった村の嫁に「大根を分けてくれないか」と声をかけたところ「姑に見つかれば怒られるので、二股の大根の一つを分ければ見つからないでしょう」と言われ難を逃れた。というものもあります。

このことから、二股の大根を大黒様の嫁に見立ててお供えするようになりました。

大黒様の日の頃は丁度、大根や人参などの収穫時期で抜いてみたら二股だった!なんてこともあり、そんなときはお供え用として寄せておきます。

二股大根

出荷できない変形をわざわざお供えする行事もおもしろいですよね。

形が変わっていても野菜は野菜。

すべての命は平等に大事であるという事を伝えてくれるのでしょう。

 

 

大黒様のお使い

そんな大黒様のお使いですが、これは須佐之男との1件で大黒様である大国主の命があわや蒸し焼きに・・・という時に救ってくれたのが鼠であったことに由来します。

また、大黒天の黒は易でみると黒は北を表し、北の方角は子になります。

米から鼠を守るために管理している、という説など様々ですが、大黒様のお使いは子

 

町を歩いているとこういった石碑を見たことはありませんか?

甲子塚

石碑をよく見ると「甲子塚」とあります。

 

この甲子というのは60干支の組み合わせの一番最初に位置します。

最初といえば十二支の最初、子ですね。

 

子が大黒様のお使いなので、甲子塚や甲子像というのはそれにちなんで五穀豊穣や豊作を祈願し作られました。

子の刻、12時まで起きて豆や二股大根などを食しました。

このお膳は庄内地方に未だ残る、大黒様の日お歳やと同じようなものであったと考えられます。

 

易版

 

甲子信仰は食と命が密接に関係していた時代、安定した生活を送れるように祈願したのでしょう。

今は食はあふれるくらい豊かになりましたが、食べ物を大切にする気持ちは忘れないでいたいものですね。