近いのに行ったことがなかった小原神社。

とうとう先日参拝することができました!

 

小原神社の成り立ち

笠間市に在る小原神社は二箇所ありますが、今回訪れたのは別名八龍神社と名がついている方です。

 

小原城本丸跡の北東にあり、境内にあるケヤキの木がシンボル。

こちらはケヤキ1号が昭和56年2月12日に笠間市の天然記念物に指定されています。

同じく、スギも昭和56年9月10日に友部町の天然記念物に指定。

小原神社の境内は小さな林になっています。

 

現在は友部町は合併され笠間市になっているので、小原神社の住所は「 茨城県笠間市小原2234」になりますね。

鳥居が2つありますが、多分正門と思われる方はこちら。

 

 

小原神社の御祭神

神社の中には大きな石碑があり、こちらに神社のなりたちが書いてあります。

 

永徳元年に富田左内道正が鹿島の神を奉迎し、とあります。

鹿島の神というのは鹿島神宮かな、と思うのですが、鹿島神宮の御祭神は武甕槌命。

 

こちらの御祭神は「高龗神」「闇龗神」「建速素盞嗚命」とあります。

ちょっと繋がりは不明ですね・・・

あわせて、神社がなぜ八龍神社と言われているのかはこの石碑だけではわかりませんが、三つ巴であることがキーになっているような気がします。

ちなみに鹿島神宮も神紋は三つ巴。

 

鹿島神宮が祀る建速素盞嗚命は、言わずとしれた「スサノオ」のこと。

スサノオは日本書紀などでは悪として描かれていますが、のちの大国主の命に繋がるキーマンです。

六世代、七世代後の孫が大国主の命だと言われていますね。

 

須佐之男についてはまた別の記事で触れることにします。

小原の地について

笠間市小原が常陸の国、茨城の発祥である。というデータがあります。

713年に編集され、721年に成立した「常陸の国風土記」という文献によると那珂郡の項に

茨城の里。此れより北に高き丘あり

出典元:常陸国風土記

とありますが、この茨城の里(うばらきのさと)が西茨城郡友部町小原付近という。と解説が記載されています。

友部町小原とはまさにこの小原神社があるところ。

 

近くにあるくれふしの里にも逸話が残っているので、もし歴史に興味が在る方はこちら参考に読んでみてください。

 

くれふしの里に伝わる逸話には蛇が出てきます。

蛇はよく「お使い」として登場しますが、八龍神社の近くで蛇というのはなにか関連がありそうですね。

 

小原神社(八龍神社)

所在地:〒309-1701 茨城県笠間市小原2234

御祭神:高龗神 闇龗神 建速素盞嗚命

神紋:三つ巴

 

アクセス:内原駅よりバス「内原駅北出会いの広場公園」下車