住まい

6人家族にオススメの間取りは?賃貸と持ち家どっちがオススメ?

ども!旦那ちゃんです(ΦωΦ)

子どもが多い我が家ですが、アパート、マンション、持ち家(一戸建て)の暮らしを経験してきました。その中で気づいた6人家族の間取りについて、それぞれのメリットデメリットを紹介したいと思います。

マンションの間取りについて

まず、最初に住んだのはマンションタイプでした。詳細をまとめるとこんな感じ。

  • ペット可賃貸
  • 2DK
  • 3階建ての3階
  • 鉄筋コンクリート
  • 車1台無料

2DKなので、6畳と7畳が2部屋に小さなキッチンがついたようなところでした。5人家族で移り住み、ここで娘が生まれて6人家族になりました。

懐かしい・・・

この時はまだお店(仕事場)がなく、子どもが小さかったのもあって1室で机を囲んで仕事をしていました。その脇で、子どもたちがゲームをやったりぎゅうぎゅう詰め込まれていた感。

間取り自体は使いやすかったんですが、水回りが古くてそれがネックでした。トイレはまぁまぁ良かったけど、お風呂が!狭かったー(T_T)

▼狭い、古い、汚いの三拍子(失礼)

風呂

しかも方角的に北に水回りが集中していたのでカビがひどかった!こればっかりは集合住宅なので変えようがなく、窓を空けたくてもDIYするわけにもいかないのでお手上げでした。

マンションのメリットは

マンションのメリットとしてあげられることとして、まずセキュリティがしっかりしているということがあると思います。

オートロックやモニター付きドアホンなど設備面が整っていたり、マンション内でコミュニティが出来たりと顔見知りが増えることで安全性が増します。

>>賃貸でもモニター(テレビ)付きドアホンがほしい!工事不要で後付けできるのはこれだ

また、立地の面から言ってもマンションが建っているところは総じて利便性が高いので、住みやすいというのもありますね。

マンションのデメリットは

一方で、マンションのデメリットはやはり上下左右の部屋に対しての騒音問題でしょう。

>>マンションの上階の悩み、子供の騒音対策に最適なマットはこれだ!

部屋の中だけでなく、共用フロアでの騒ぎ声も気になるという話もあるので集団生活をする以上避けられないところもありますね。

アパートの間取りについて

騒音問題があって退去したマンションの次に映ったのは、6階建てのアパートでした。

  • ペット可賃貸
  • 3DK
  • 6階建ての1階
  • 鉄筋コンクリート
  • 車1台無料
まんしょん

先にあったマンションは3階建ての3階でしたが、ここのアパートは6階建ての1階。デメリットだった騒音問題は、ここでは起こりませんでした。

もし何も起こらなかったら、ずっとここに住んでいたかもしれませんね。

敷いて言えば、築年数が33年とそこそこ古いので外観は新しくても虫問題があったということですかね・・・

旦那ちゃん
Gが!とにかくGが多かった!!

あと、ここはトイレとお風呂に窓がなくてやっぱり水回りには悩まされました。

▼そして狭い・・・

トイレ

ここは左右に水回りが分かれていたので前のアパートと違ってカビ問題はなかったのですが、トイレに窓がなく換気が悪かったんですよね。なんとなく空気が淀んでました。

また、玄関入ってすぐリビング兼キッチンだったので宅配業者さんが来ると丸見え・・・風水的にはこの作り、あんまり良くないんですよね。とはいえ、古めの集合住宅はこういった作りが多いので、のれんなりカーテンなりで目隠しをすることをオススメします。

レジデンス

しかし、ここにきて使える部屋が3部屋になったので嫁くんの仕事室(社長室)ができました!

>>自宅オフィス大公開!家族が多くてもシンプルなデスク周りは作れる!

やはり、どんなに狭くても3部屋ないと個室は作れないですね・・・相変わらず、私の部屋はなく子供部屋と共同でしたが前のマンションから2年経過。子どもたちも物理的に大きくなり、嫁くんが自室にいるとはいえやっぱり狭い!男子はもう小学校高学年になると大人とあんまり変わらない気がする。

戸建ての間取りについて

その後、店舗建住宅にしたい!(家賃を二箇所払うのはそろそろきつい)と思い立って探した物件が、今の住まいです。見ていただくと分かる通り、めっちゃ広い。

初めての2階建て!

  • 9LDK
  • 築年数25年
  • リフォーム済み
  • 敷地内に小さな庭つき
  • 駐車場3台無料
戸建て

もともと、二世帯住宅として使っていたらしくとにかく広い。約85坪。小学校や中学校も徒歩圏内で、保育園や病院、スーパーなどの商業施設へのアクセス良好!

いい事づくし。

ここに来て初めて、子どもたち(小学生)は自分の部屋を手に入れました。子どもが中学生以上になるとプライバシー問題も出てきます。

部屋が少ない場合、このプライベート空間をどう作るかという問題があるんですよね。机や二段ベッドで空間を分けるとか、DIYで壁を作るとかもありますが限界があります。

子供部屋

また、子供部屋ができたことで初めて寝室が子どもと別になりました。小学生2人は自分の部屋で就寝。

今までは21時になると強制的に消灯してましたが、今度は誰も管理してくれません。どうなることかと見守ってましたが、意外にも二人で協力して寝起きしているみたいです。

一階の間取りについても、もともと平屋から建て増しした物件のようで導線についても全く問題ありませんでした。前のアパートやマンションのように、風通しが悪いとかカビが生えやすいとかもなく、なんなら風が通り過ぎて扉を開けっ放しにすると勝手に風が閉めてくれるほど(笑

また、ペットを買っているのですが猫ちゃんの壁や柱への爪とぎはここに来て抑えられました。前は、柱から壁から襖からひどいことになっていたのです。

猫

3DKに人間6人、猫3匹という環境だったので、猫もストレスを感じてたのかなぁ・・・

一戸建てのメリットとは

やっぱり、一番のメリットとしては周囲の騒音問題が起きにくいということがありますね。

これは本当に助かっていて、例えば嫁くんの実家に遊びに行って夜帰宅する時などは隣近所に声が響かないように配慮して相当気を使っていました。でも、戸建てな上に周囲がほとんど駐車場なので人の目が気にならない!

また、小さいけど庭がついているので暑すぎず寒すぎず、室内温度が丁度いい。縁側があって木もあるので適度な日陰ができます。これは、賃貸マンションやアパートでは不可能なこと。

ハーブを育てたり野菜を育てたり、緑を楽しむことで気持ちもゆったり落ち着いてきますし、ウットデッキを設置して縁側でゆったり仲良くお茶を飲む・・・

なんて、老夫婦のようなこともできちゃいます。子育てでドタバタしているからこそ、息抜きできる時間って貴重ですね。

庭

また、持ち家だからこそリノベーションも自由です。賃貸ではどれだけお金をかけても自分のものにはなりません。

一戸建てのデメリットとは

持ち家となると、最大のデメリットはやっぱりお金でしょうか。

土地付きとなるとやはり一千万を超えてきます。うちも、建物だけで500万くらいかかってました。

とはいえ、今までの賃貸の家賃と住宅ローンの支払金額は変わらないんですよね。10年以上賃貸に住み続けるとなると、500万はあっさり超えてしまいます。

>>自営業でも住宅ローンが通った!中古住宅を購入するまで

あと、賃貸と違って退去ができないので近隣トラブルが起こった場合に逃げようがありません。そういった時に相談できる人がいるのかどうかも大事です。大体、そういった役目は自治会長さんや町内会長さんが担っています。こればっかりは運なので、事前に下見に行って雰囲気を掴むなどしてみるのもいいかもしれませんね。

気の良いところは植物もつやつやして元気です。廃墟や手入れされていない植物が多いようなところはいくら戸建てが綺麗でもちょっと気をつけたほうがいいでしょう。

内覧の時にでもいいので、土地の空気を吸ってみてください。心地よければ住んでいる人も穏やかですし、どこか落ち着かないところはやはり住民同士の派閥があったりします。

緑

あとは、単純に敷地が広くなるので掃除が大変というのもデメリットの一つかなと思います。

うちは、このあたりは全て相棒と行っています。

相棒その1のダイソン掃除機。コードレスはやっぱり便利。

>>【レビューしてみた】ダイソンのコードレス掃除機『V8 Fluffy+ SV10 FF COM2』はデビューに最適だった(過去形)

相棒その2のお掃除ロボット。並行して別の家事ができるのでこれもやっぱり便利です。

>>【レビューしてみた】ロボット掃除機『Anker Eufy RoboVac 11S』はおバカだけど可愛い

結論:子ども4人以上の間取りは最低3部屋必要

はい、ここまでそれぞれのメリットやデメリットを挙げてきましたが、子ども4人以上の家族の間取りとしては3DK以上の物件を探す事をオススメします。

子どもが小学校に上がるまでは賃貸のアパートに住み、小学校や中学校のリサーチをしてからその付近で一戸建て物件あるいは新築を建てるというのが一番失敗がないかなぁ。

勉強中

うちはまだ兄妹同士中がいいから良いですが、ステップファミリーなどでスムーズに家族になれないケースで家に逃げ場がないっていうのは子どもにとって地獄でしかないですよね。

>>【ステップファミリー】離婚率が高いってホント?

住宅の風通しは、そのまま家族の風通しに直結します。家族が快適に暮らすために、この記事が参考になれば幸いです・ω・

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

旦那ちゃん

無口でクールで有名な(?)だんよめの嫁のほう。普段はもみほぐしのお仕事(https://biryudou.com)をはじめ、生きづらさを生きやすくするための場作りや土地を知るツアーをしてみたりあちこち動いてます。夫婦でコミュニティスペースを運営中(https://honkyochi.com)の4児の母。好奇心旺盛で楽しいことが好き、ワクワクしたら突っ走る猪突猛進型の0型女子。翼宿。

-住まい
-

© 2020 だんよめ Powered by AFFINGER5