家具家電

カビトルネードで洗濯槽の汚れを落としてみた。カビトリックとの違いは?

ども、旦那ちゃんです(ΦωΦ)

またまたドンキで見つけてしまった、お掃除用品を試してみようと思います。

カビトルネードをドンキで買ってみたよ

前回、カビトリックについて書いたと思うのですが

>>ドンキで見つけたカビトリックで洗濯槽の汚れはどのくらい落ちる?購入して1年たった洗濯機で試してみました

それの後継機?カビトリックと同じ株式会社リベルタから出ている洗濯槽クリーナー「カビトルネード」を使ってみました。

カビトルネードは、過炭酸ナトリウムのA剤と発泡促進剤のB剤をあわせて使うタイプの洗濯槽クリーナーです。
合わせることで化学反応が起こり、酸素を活性化。一気に強力な発泡が起こり洗濯槽についている黒カビをしっかり剥がし落としてくれます。

また、通常は洗濯槽クリーナーはつけ置きが必要なのですが「カビトルネード」はつけ置き不要です。
トータル20分程度の洗浄とすすぎで完了するので手軽で時短!というのがウリ。

抗菌剤(銀ゼオライト)の配合で菌の増殖を抑制。それにより洗浄はもちろんのこと、除菌・消臭効果を発揮してくれるのです。

しかも竜巻洗浄ですって!うちのナイアガラと合わさったら凄いのでは!?

やはり縦型とドラム式用とでているのですが、うちは縦型をチョイス。
カビトリックと何が違うの?というと、どうも発泡力が強化されたようですね。

カビトリックカビトルネード
品名洗濯槽クリーナー洗濯槽用洗浄剤
用途洗濯槽9kgサイズまでの洗濯機の洗濯槽
成分過炭酸ナトリウム、抗菌剤(銀ゼオライト)A剤:過炭酸ナトリウム、抗菌剤(銀ゼオライト)/B剤:発泡促進剤

たった一回でカビを剥がし取る!※ おどろくほど目に見えて効果が分かる、洗濯槽クリーナー。 竜巻洗浄と発泡パワーで洗濯槽のカビや汚れを落とします。 酸素と水に分解され、環境にもやさしく、3つのフリーでお肌や⾐類にやさしい。 ※カビの発⽣度合や洗濯槽の形状により差がある場合があります

引用元:カビトルネード リベルタオンラインショップ

シリーズ通して、つけ置きは不要です。こりゃ便利!

カビトルネードの使い方

  1. 洗濯槽内が空の状態で本品A剤(粉剤)を全量入れます。
  2. 高水位まで給水し「洗いコース」で約15分程度運転させます。
  3. その状態で一旦電源を切り、B剤(液剤)を全量入れます。
  4. 再度電源を入れ「洗いコース」で約5分程度運転させます。
  5. その後、高水位のまま「標準コース」で「洗い→すすぎ→排水」を行います。

ということで、こちらをやってみようと思います。

猫ちゃんの毛布を洗濯したので汚れているはず!わくわく!

1〜2までやってみた

カビトルネードは、A剤とB剤と2剤が分かれて入っています。

まずはA剤を入れて、高水位で洗いを15分。

3〜4もやってみた

そして、電源を切ってB剤を投入。
さらに洗いコースで5分程度まわします。

すると・・・?

おっ、おう・・・

しっかり汚れが落ちています。
茶色っぽいのは猫の汚れですね。

黒カビが出ていないところをみると、これは洗濯機が優秀なのか洗たくマグちゃんが優秀なのか・・・どっちかな。

ちなみに、B剤は手につくとニオイが落ちないという話でしたが、洗濯槽クリーニングが終わった後はそれほど気になりませんでした。

カビトルネードの新商品が出るらしい?

と、カビトリックからカビトルネードまで試してみましたが、個人的には発泡の凄さはそれほど体験できませんでした。

公式HPではカビトリックは見当たらないので、強くなってニューゲームという感じなのでしょうかね。
実際、売り場はだいたいカビトルネードしか置いてありませんでした。

そんな中、カビトルネードNeoという商品が出たという噂が!?

むむむ・・・?これはシリーズ化の予感?(笑

次回、カビトルネードNeoを試してみようと思います。

では!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

旦那ちゃん

無口でクールで有名な(?)だんよめの嫁のほう。普段はもみほぐしのお仕事(https://biryudou.com)をはじめ、生きづらさを生きやすくするための場作りや土地を知るツアーをしてみたりあちこち動いてます。夫婦でコミュニティスペースを運営中(https://honkyochi.com)の4児の母。好奇心旺盛で楽しいことが好き、ワクワクしたら突っ走る猪突猛進型の0型女子。翼宿。

-家具家電