住まい

Macで最適なキーボードは?ロジクールキーボードを購入してみたよ

ども、旦那ちゃんです(ΦωΦ)

私は普段お仕事でMacを使っているのですが、付属でついてきたキーボードが打ちづらくて困っていました。
そんな中、見つけてしまったのです。

指に馴染むテンキー付きキーボードを!

MACの純正キーボードが打ちづらい!

Mac製品を購入すると付属されている純正キーボードは、薄型でタイピング音がカシャカシャ鳴るタイプ。
本体自体も軽くて持ち運びやすくコンパクトです。

純正なので流石にデバイスとの互換性は良いのですが、どうにも打っている感覚が好きになれませんでした。

タイピングしやすいキーボードは?

そもそも、キーボードには純正かサードパーティ製かの2種類に分けられます。

サードパーティ製のものは独自に進化を遂げており、顔文字が豊富だったり手書き入力ができたり、日本語変換に特化していたりと様々な種類が開発されています。

Macユーザー、Appleファンは迷わず純正でしょ、というご意見が多いようですが、Windowsのキーボードに慣れているとどうにも打った感じが今一つなんですよね。

純正ってスタイリッシュだけど薄っぺらい感じで打撃感が少ないのよね・・・音もいまいち。

キーボードの選び方①接続方法

キーボードは有線か無線か、いずれかの接続方法でデバイスと繋ぎます。

パソコン周りをスッキリさせる無線はスタイリッシュですが、反応の遅さや電池切れ、ペアリングがうまく行かなかったりなどというトラブルも発生します。
無線にも種類があり、レシーバーを使用するUSB方式とBluetoothを使用する方式の2パターン。
レシーバーの場合は小さなチップのようなものをUSBポートに差し込んで使用します。

有線のデメリットは、ケーブルが絡んだり複数のデバイスで使用できなかったりということですね。
メリットとしてはパソコンからの給電や遅延が少ないことです。

キーボードの選び方②キースイッチ

タイピングなどのとき、キーを押すと音が鳴りますね。
キーを押して反応させる仕組みをキースイッチといいますが、主にメジャーなところでいうと2種類でしょうか。

  • メンブレンキーボード
  • メカニクルキーボード

1はキーの直下にラバードームが設けられ、ゴムの反発力によってキーが戻ってきます。
その中でも様々な種類があり、パンタグラフは反発力が少なく、比較的疲れにくいのが特徴です。他に、ラバーカップ式、バックリングスプリングなどがあげられます。

メンブレンキーボードはいわゆる標準的なキーボードということですね。

2はいわゆるゲーミングキーボードなどで、赤軸・黒軸・青軸・茶軸などこだわりによって使い分けられます。
また、操作手順を登録して必要な時に呼び出すマクロ機能や信号認識不良を防ぐアンチゴースト。複数のキーを押した時に認識できる数に制限のないキーロールオーバーなど、早く打つ!とにかく打つ!という気迫が感じられます。

茶軸のメカニカルキーボードは、ちょうどよい打鍵感が魅力です。程よいクリック感とタイピング音と、軽すぎず重すぎない打鍵感で使用できます。 ただし、静音性はそこまで高くないので公共の場などでの使用には向きません。癖がなくメカニカルキーボード初心者にも扱いやすいので、ほかの方式のキーボードからの乗り換えを検討している方にも最適です。

引用元:メカニカルキーボードのおすすめ19選【2021】軸の種類も解説

もうマニアック過ぎてついていけない・・・沼にハマりそう

互換性のあるキーボード

私は普段Macを使用していますが、意外とMacに対応したキーボードってないんですよね。

あったとしてもUS配列といってキー配列がJIS配列と違ったり・・・
Mac特有のcommandキー、optionキーがあるかどうかって結構重要です。

Windowsはそれほど悩まないのですが、Macユーザーは純正以外のキーボードを検討した時にかなり悩みます。

ロジクールキーボードの特徴

そんな中、Macに適したキーボードで打ちやすいキーボードを探した結果見つけたのが「ロジクール」というメーカーです。

「ロジクールは、Appleが作るはずだったマウスとキーボードを発表しました」

引用元:Logitech Launches The Mouse And Keyboard Apple Should Have Made

ロジクールは独特のマウスが人気で、これ見たことある方多いんじゃないでしょうか。
割と男性が好んで使っていますね。

この玉っころ、どうやって操作するん?

うちの夫もこのタイプ使ってますが、デザインと操作性にこだわりのある会社、と言ってもいいでしょう。
ロジクールは、先程のゲーミングキーボードも数多く販売されています。

ロジクール アドバンスド ワイヤレス イルミネイテッド キーボード KX800M MX KEYS for Macについて

私はMac用のキーボードを探していたので、こちらの「ロジクール アドバンスド ワイヤレス イルミネイテッド キーボード KX800M MX KEYS for Mac」を購入しました。

キーボードとあなどるなかれ。
なかなか良いお値段でした。

キーボードの使用感

キータッチでいえば、先程のメンブレンキーボードに該当します。
球状にくぼんでいて、指によく馴染む!!

何この感触!硬さの中にも柔らかさがある!押していて気持ちいい!!

また、ロジクール独自のEasy-switchボタンがついていて、デバイスを簡単に切り替えられます。
1はデスクトップ、2はiPadといったようにボタンをタップするだけ。こりゃ便利。

デザインも、Apple製品に合わせてモノトーンでスペースグレー仕上げ。
実際にiMacと並べても違和感ありません。

でもなんか使いづらい?

こりゃ快適!と使っていたのですが、「( 」を打つと「 )」と入力されたり、場所によってキー配列おかしいな??ということがありました。
それでも2ヶ月位使っていたのですがやっぱりタイピングしづらかったんですよね。

どうしてなのかなぁ〜って調べていたらなんと、私の買った製品は「KX800M MX KEYS for Mac」だったのですが、これよくよく見たらUS配列なんですよ。
()、「」などがキーボードの表記とずれてるのはそのせいでした。

どうりで!アンダーバー打ちたいのにどうやっても出てこなくて困っていた!

ロジクール アドバンスド ワイヤレスキーボード KX800 MX KEYS 充電式 bluetooth Unifying Windows Mac

なんと、同じロジクールのこちらの製品はJIS配列らしい。というレビューを見てさっそく導入してみました。

KX800 MX KEYS」は確かに配列が違う。見慣れた並びになっています。

比較してみると、色がマットなのとタッチがよりソフトになっているように感じました。
指の馴染みはfor Macのほうがラバーっぽくて好きですね。

サイズも一回り小さいです。
本体の傾斜も、「KX800 MX KEYS」 のほうが低くなっています。日本人仕様ということでしょうか。

比べるとデザインやタッチはKX800M MX KEYS for Macの勝利!これでJIS配列だったら最高だったのに・・・

もちろん、USB方式、Bluetooth、3台のデバイス切り替えなどなど仕様はほとんど同じとなっています。

現状最高なキーボードはKX800 MX KEYS!

ということで、デザインに関しては★3つですが、使用感やMacとの互換性についても現状最強キーボードは「KX800 MX KEYS」一択!

以上、旦那ちゃんでした!(ΦωΦ)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

旦那ちゃん

無口でクールで有名な(?)だんよめの嫁のほう。普段はもみほぐしのお仕事(https://biryudou.com)をはじめ、生きづらさを生きやすくするための場作りや土地を知るツアーをしてみたりあちこち動いてます。夫婦でコミュニティスペースを運営中(https://honkyochi.com)の4児の母。好奇心旺盛で楽しいことが好き、ワクワクしたら突っ走る猪突猛進型の0型女子。翼宿。

-住まい