水戸の美龍堂 からだ研究所の巴です。

 

マヤ暦では個性的な20の紋章をみながら資質を読み解いていきますが、今回は赤い月の方の特徴について解説していきます。

マヤ暦の赤い月

赤い月は使命感、ミッションがテーマ。

「浄化」「清める」「新しい流れ」「強い信念」「水の力」がキーワードになります。

 

非常に社会的な紋章で、革新的な考え方を持っていて、お仕事などで活動的な方や女性でバリバリ活躍されている方に多いという特徴があります。

結果を出すことで波に乗っていくので、小さなものでも成功体験を積んでいくことで自分に自身がついてきます。

 

また、赤はその色のエネルギーそのまま、非常に勢いが強く生命力にあふれていますので子供の頃から成功しやすく、そのために早めに外に出る人が多いので身内というより社会に応援されるタイプです。

年長者に可愛がられるというところがありますね。

感受性が強く、過敏なぶん外でかなり神経を使うのでよく休む事が大切。

ゆっくりできる環境を作ることを心がけてください。

土には浄化のエネルギーがあるので大地と触れることもおすすめですよ。

 

大地に触れる

 

同じ赤のグループでも、赤い蛇とはまた違う性質を持つ赤い月。

マヤ暦で赤い蛇の紋章を持つ人は夢を現実にする

 

どちらもエネルギッシュですが、赤い月の方はとことんエネルギーをためていざという時に一気に発揮するような爆発的なエネルギーがあります。

 

赤い月の特徴

浄化、新しい流れといった革新的なテーマを持つ赤い月。

 

洗い流す力をもっているので、相手や環境が荒れているような時はその混乱や摩擦を正常化する役目につきます。

じっくりと選んで考えてから行動するので腰を上げるまでに非常に時間がかかりますが、その分やると決めたら最後までとことん納得するまで命がけでやり遂げます。

20の紋章のうち一番頑固な紋章と言われていますね。

定まるまでは優柔不断であれこれ悩んでしまうかもしれませんが、こうと決まったら自分が信じるものをしっかりと持っていて、それが使命となり、困難を乗り越えていく力を持っているのです。

 

一度決めたら「やり遂げる」「やり通す」事を意識してみてください。

あれこれ複数のことを器用にこなすタイプではないので、これ!と決めたら使命感を持って貫くこと。

そうすることで見えてくるものがあるはずです。

 

誰しも使命や役割はありますが、赤い月は特にそういった意識を持つことで自分が輝くことができるのです。

 

また、見た目が華やかな人が多いのも赤い月。

直感的で振る舞いが華やかなのでカリスマ性があり、時代をリードしていきます。

 

赤い月を活かすには

マヤ暦では赤い月を持っている方に対して「過去の記憶を呼び覚ますこと」を呼びかけています。

記憶の活性化が、赤い月にとって偉大な教師になります。

小さい頃にどんな環境で育ったのか、親からされて嬉しかったこと、されて嫌だったことなどを振り返りその記憶の中に自分の進むべき道が隠されています。

この時大事なのが、マイナスに感じたことはそのまま返さない。プラズの部分だけを生かしていくことです。

 

赤い月の子供

 

月は相手の光を受けて輝くことができる。

それと同様に、マイナスの環境に身を置くとそのまま自分に反映されてしまうので、どうも最近調子が悪いな、うまくいかないなと思ったら一度周りを見渡してみてくださいね。

自分自身も溜め込まず常に身体をクリアにすることが大事です。

 

また、記憶を呼び出すためのツールとしてクリエイティブな活動がおすすめです。

そういった活動をすることで右脳が働き、それが記憶をたどる入り口となるのです。

一流のものに触れることで、その中に共鳴するものを見つけそこを取り入れて伸ばしていく事をおすすめします。

そうすると見極める力が高まります。

 

一つ気をつけたいのが、赤い月はどうしても自分を卑下しやすいところがあるのでネガティブを引きずらないこと。

それは自分だけではなく、子供がいれば子供に対して過小評価したり諦めたりといったことも起こってきます。

ですので、プラスの記憶を元にそういった環境を作り出していきましょう。

 

 

The following two tabs change content below.
研究員 巴

研究員 巴

するめオーナー美龍堂
秋田県出身。 やりたいと思ったことはまずやってみる。一度ハマるととことん突き進む猪突猛進型。 高校卒業後は専門学校へ。ゲームソフトクリエーター科へ進学する。プログラムからデザイン、シナリオ等幅広く2年学んだ後、就職先に選んだのはリラクゼーション業界。 人の体に触れるうちに、筋肉だけでなく人そのものに興味が湧き、心理学、薬膳、易やマヤ暦、陰陽五行なとを学ぶ。 2015年に独立起業し、メインのもみほぐしだけでなく、今までの経歴を活かしたパソコン関連のお悩み相談や薬膳や鑑定の依頼も受けている。 プライベートでは4児の母。だんよめにて夫婦でブログを更新中。 もう一つの事業として、やりたいを形にする本拠地プロジェクトも行っている。