水戸の美龍堂 からだ研究所の巴です。

 

マヤ暦に関する話や本などは出ていますが、実際にマヤの長老たちに会った方から話を聞く機会があったのでブログに残しておきます。

マヤ暦に生きるマヤの長老たち

マヤの長老たちに実際会って、預言やお話し、長老しか触れられない分厚い暦などをご自身の目で見てきたという方が居ます。

マヤ暦フェスティバルというマヤのイベントで、その方のお話を聞く機会がありました。

 

マヤ族について

マヤ暦、マヤ族というけれども、実際に等の本人たちは「マヤ」というくくりをそれほど使っていないそうです。

呼んでいるのは外部の人間で、マヤに生きる人達はそれよりもっと細分化された名前を使います。

キチェマヤ族、のように部族の名前を使うのです。

 

私達が「日本人」と自分で言わず、○○出身の〇〇住まい。というのと同じですね。

 

地図で見るマヤ

マヤは南米のイメージですが、実は中米。

中米と言うと

・エルサルバドル
・グアテマラ
・コスタリカ

などが中米になります。

 

中米の地図

 

五カ国にまたがりマヤの人たちは生活をしているのです。

 

マヤ一族の起源

ここからは本などではなく、実際に聞いたお話のこと。

 

農耕民族だった祖先のもとに、宇宙から4人の生命体がやってきました。

そして、その生命体は人間に叡智を教えてまた宇宙に帰っていきました。

マヤだけでなくエジプトやエルサルバドルなどにも降り立ち、今もなおその降り立った場所には「マヤ」という響きが残る地域があるらしいとのことです。

 

マヤの伝説

マヤといえば、世界滅亡説が囁かれるたびに名前が出てきますが、そのくらい不思議に満ちた伝説や預言が残されています。

 

預言は予言と預言があるけれども、長老たちが命からがら伝えてきた(100年前でも争いがあったので)大切に大切に抱えてきたことを「預かる」という意味で「預言」という言葉を使っているそうです。

戦があるとまず長老が命を狙われ(部族の勢力を弱めるため)貴重な資料が燃やされ、ほとんどが記憶と口伝でしか残っていないが5つの部族に共通して伝わる預言があります。

それが、この預言。

 

北のイーグルと南のコンドルが一つになるとき、ケツァルが目を覚ます

 

空を飛ぶコンドル

 

ケツァルというのは、ケツァルコアトルという伝説の生き物のこと。

アステカではケツァルコアトルですが、グァテマラではクルルカンという名前で伝わっています。

翼が生えた蛇、という姿で表されることが多く、水や農耕の神さま。
そして火・水・地・風の四元素を作り出したとも言われています。

 

北のイーグルとはインディアンのこと。
南のコンドルとはアンデスの人々のこと。

 

分かれている北と南が一つになれるとき、神が姿を現すと伝えられているそうです。

 

私達がマヤから学ぶこと

そして、今大事にしなくてはいけないことも教わりました。

現代の日本も、マヤから学ぶべきことがあります。

 

それは自然との共生のこと。
すなわち、

「火と水と風と土」

4つのエレメンツを大事にしなさいということです。

風火水土

これさえ守れば、人間は滅びない、神が守ってくれるとマヤの長老たちが言っていたそうです。

 

7代先の孫たちのために、今私たちができることはまず「土」をいじること。

つまりは畑。

むやみな土地開発のことではありません。

土地を大事にしなさいということです。

そしてそれに関して重要なのが、ミツバチとともに生きること。

ミツバチが生きられない地球は人間も生きられません。

私達が食べている食物は、ハチによって作られていると言っても過言ではありません。

「世界の食料の9割を占める100種類の作物種のうち、7割はハチが受粉を媒介している」と国連環境計画(UNEP)アヒム・シュタイナー事務局長が2011年に報告しているように、ミツバチは生態系だけではなく、人間にもとても重要なものです。

出典元:GREENPEACE

農薬や環境破壊が進み、そのミツバチが激減していることが昨今問題になっています。

 

それが何を意味するのかと言うと、滅びです。

 

マヤの古文書

マヤの古文書は、現在までに人の手から手へ受け継がれ大切に守られています。

その内容の1/5は、なんとミツバチについて書かれているのです。

宇宙の叡智が与えられたとされるマヤの古文書にそんな記述があるなんて驚きですよね。

そう考えると、どんな命にもきちんと役割があって、人間はそのバランスを崩してはいけない。4つの要素を大切に守っていかなくてはいけないという教えをもっと伝えていかなければと思います。

 

また、そのマヤの古文書には障害のあるミツバチとの関わりかたの記述もあるそうです。

 

「障害を持つものを最も大事にして学ぶこと」

ミツバチの関係から、人間は学ばなければならない。

障害を持ったミツバチは最も安全な場所で守られる。

 

「女性を大事に扱う事」

女性は月に一度、生理を通して宇宙とつながる。

重要な決断は、むしろ生理中に行うといい(芯がぶれてなければ

では男性はどうなの?というと、北の方ではいまだにサウナのようなドームを作り、そこに入って汗とともに自分と向き合うのだそうです。

女性はもともと精神性が高いので、山にこもる必要がない。

女性は実践を学ぶことが役割である。

実践とは、ご飯や掃除など身の回りのことです。

いわゆる家事とくくられるものですね。

 

その店、男性は実務性があるが、精神性を学ぶために定期的に山にこもらなくてはいけない。

そのため女性の入山は禁止されているが、女性禁止という意味が今は排他的な意味で伝わってしまっている。

入ってはいけない、ということは入る必要がないということなのだそうです。

 

マヤの現在

マヤ歴を使うマヤの人達は、ここ30年でやっと、セレモニーなど祭事を行っても迫害されない時代になったそうです。

セレモニーというのは仰々しいものではなく、日本でお線香をたいてご先祖様を敬うという事と何ら変わりはありません。

ご先祖様への感謝や、命への感謝を捧げることなのに、侵略や亡命などがあって自分たちの命を守ることで精いっぱいでした。

 

今は縛りが緩くなって、ようやく長老たちが海外に向けて発言したりできるようになってきたんだそうです。

 

利便性を追求して急成長を遂げた人類は、頭打ちのところに来ています。

これから大事になるのは物理的な進化、個人の成長だけでなく、コミュニティーなどの横のつながり。

大地とつながり。

女性性を大事にすることで宇宙とつながっていくのです。

 

宇宙の一部であるということ

最近の起業ブームであったり、社会的な傾向を見ていて意識が変化しているのはなんとなく感じていました。

こちらの本にも2020年から意識の変化があると書かれています。

 

 

個があって、輪になって。
マヤの現地のとうもろこしのように、個がつながることが大事になってくるのでしょうね。

現地のトウモロコシ、4色なんです。

「赤白青(黒)黄」

まさに、風火水土ですよね。

7代先の子孫まで、私達はこの地球を守っていかなければいけません。

 

The following two tabs change content below.
研究員 巴

研究員 巴

するめオーナー美龍堂
秋田県出身。 やりたいと思ったことはまずやってみる。一度ハマるととことん突き進む猪突猛進型。 高校卒業後は専門学校へ。ゲームソフトクリエーター科へ進学する。プログラムからデザイン、シナリオ等幅広く2年学んだ後、就職先に選んだのはリラクゼーション業界。 人の体に触れるうちに、筋肉だけでなく人そのものに興味が湧き、心理学、薬膳、易やマヤ暦、陰陽五行なとを学ぶ。 2015年に独立起業し、メインのもみほぐしだけでなく、今までの経歴を活かしたパソコン関連のお悩み相談や薬膳や鑑定の依頼も受けている。 プライベートでは4児の母。だんよめにて夫婦でブログを更新中。 もう一つの事業として、やりたいを形にする本拠地プロジェクトも行っている。