水戸の美龍堂 からだ研究所の巴です。

 

私はマヤ暦と陰陽五行(易が中心)の鑑定もしております。

そこでよくされる質問があります。

それは、

「生年月日だけでの鑑定だと、みんな同じ結果になるんですか?」

ということ。

 

生年月日から分かること

マヤも陰陽五行も、生年月日から算出するので全く同じ生年月日の場合は、出てくる結果は同じになります。

だからこそ、私は対面での鑑定をメインにしています。

それには理由があるのです。

 

カウンセリングをする

 

よっぽど遠方の方以外は、直接お会いしてお話しながらになりますが、小さな頃の話や最近感じたモヤモヤ、または嬉しかったことなど雑談とも思えるような事も聞いていきます。

それは、話しながら声のトーンやスピード、温度などを感じるためでもありますが、相手が持つストーリーを知るためでもあるのです。

 

生年月日でわかる資質の話

生年月日で出てくる結果は、あくまで資質のこと。

持って生まれた資質をどう生かしていくかは、土地や家族環境や友人関係によって変わってきます。

 

学生の頃、クラスに1人は同じ生年月日の人がいたかと思いますが、その人と全く同じ育ち方をしていたでしょうか?

双子はどうでしょうか?

 

おそらく、言動、性格、容姿など全く同じ人はいなかったと思います。

一卵性の双子であってもそうですよね。

同じ時に生まれたとしても、その人生は同じとは限りません。

主観が変われば捉え方も変わる

人の感覚というものは、似ている人はいても全く同じ人はいません。

同じことが起こっても、その時の心の状態によって捉え方も感じ方も変わります。

そのくらい繊細で、変化しやすいのです。

 

生年月日から分かる資質は、こういう傾向があるという大きな流れ。

1つの未来でしかないんですね。

運命という大きな流れの中で、どんな体験をしてどんな風に感じたかという積み重ねが価値観を作り、性格が作られ、誰も真似できない自分という人間ができあがるのです。

同じ生年月日でも運命は変わります。

全く同じ人生をたどる人は殆どいません。

違うからこそ悩みが生まれるし、自分をより良い状態に導くためにあれこれ試行錯誤を行います。

魂の成長、生きるとは自分を成長させることなのですね。

 

鑑定結果をどうやって活かすか

マヤ暦などの鑑定を受けるとき、大体の方が悩みを抱え、そこを打破するための解決策を得たいと思っています。

しかし、鑑定を受けたから運命が変わるわけではありません。

 

運命の道

 

マヤをはじめ生年月日から分かる運命学。

こうしなければ不幸になる、と言うものでもありませんし、こうしたほうが幸せになる、というものでもありません。

人の一生は複雑に絡み合った糸の中にあるようなもの。

迷いがあるうちは、これがいつまで続くのだろうと孤独を感じることもあるかもしれません。

 

そんなとき、生年月日から分かる大きな流れを知っているだけで「これは一時的なものなんだ」と割り切って考えることが出来たり、ネガティブな方に引っ張られることなく自分の足で立つことができる。

先にも書きましたが、なにか物事が起こったとき人はどうしてもジャッジしてしまいます。

心がネガティブなときは悪い方へ、逆にポジティブなときは多少落ち込んでもまた上を向き歩き始めます。

よく、悪い事の後には良いことが、また良いことがあったら次は悪いことが起こるなどと言いますがすべて自分次第です。

起こることに良い悪いはありません。

それを決めるのは自分。

 

ですので、こういった生年月日を使うマヤ暦や相性占いなどは自分を枠にはめるためのものじゃなく、自分を活かすものであるということを忘れないで下さいね。

The following two tabs change content below.
研究員 巴

研究員 巴

するめオーナー美龍堂
秋田県出身。 やりたいと思ったことはまずやってみる。一度ハマるととことん突き進む猪突猛進型。 高校卒業後は専門学校へ。ゲームソフトクリエーター科へ進学する。プログラムからデザイン、シナリオ等幅広く2年学んだ後、就職先に選んだのはリラクゼーション業界。 人の体に触れるうちに、筋肉だけでなく人そのものに興味が湧き、心理学、薬膳、易やマヤ暦、陰陽五行なとを学ぶ。 2015年に独立起業し、メインのもみほぐしだけでなく、今までの経歴を活かしたパソコン関連のお悩み相談や薬膳や鑑定の依頼も受けている。 プライベートでは4児の母。だんよめにて夫婦でブログを更新中。 もう一つの事業として、やりたいを形にする本拠地プロジェクトも行っている。