自分らしく生きるとは?

当事者、支援者、保護者の立場から「自分らしく生きるとは?」についてトークセッションを行います。

6月13日(日)
13:00〜15:00

(12:30分受付開始)
【会場】Maply After School
〒311-0105 茨城県那珂市菅谷2361-8
JR水郡線中菅谷駅から徒歩14分/駐車場:約10台あり

第一部

『僕は僕らしく生きていく』 塩畑貴志

中学校の時に解離性健忘症により一晩で記憶がなくなり、親の顔も友だちの顔も分からない。勉強もすべて忘れて0からスタートし、高校、専門学校と必死に『普通』になろうとして就職するもブラック企業で鬱になり退社。フリーランスとして動き始めてから「発達障害」の診断を受け『普通』から『僕らしく』にレールを切り替えるまでのお話です。

第二部

『自分らしくってなんだろう?』 トークセッション

それぞれの立場から見える「自分らしく」について、三者によるトークセッションを行います。簡単なようで難しいけれど、自分を大切にすることで周りも幸せになっていくためのヒントが見つかるかもしれません。NPO法人教員支援ネットワークT-KNIT代表の塩畑貴志、合同会社Maply代表の関尚人、美龍堂代表の塩畑翔を迎えてざっくばらんなお話を聞くことができます。

トークセッション登壇者

塩畑貴志

NPO法人教員支援ネットワークT-KNIT代表

大人のADHD。中学で記憶喪失、引きこもりを経験。就職するも深夜にまで及ぶ働き方からうつ病を発症。その後、ICT支援員として復職。後にフリーランスとなった。ホームページ作成や、経営コンサルをしながら、教員支援のNPO法人を設立。現在は講演や、セミナーなどを行う。

関尚人

合同会社Maply代表

座右の銘は『一源三流』
家族の為に汗を流す、友の為に涙を流す、地域の為に血を流すような努力をする。『世のため、人のため』に仕事がしたいという想いがきっかけで児童福祉業界へ飛び込み、障害児向け放課後等デイサービスMAS、サッカースクールMaply FCを運営。

塩畑翔

美龍堂代表

心と土台を整え在るがままに生きるきっかけづくりを。究極のチャレンジ&コミュニティスペース本拠地の運営や資質の鑑定、もみほぐし、個人や団体のITDX支援。家族が発達障害、グレーゾーンを抱えている経験から、生きづらさを抱える人への支援活動を行う。