水戸の美龍堂 からだ研究所の巴です。

 

みなさんのご自宅にはマッサージチェアはありますか?

うちの実家には、昭和の頃私のおじいちゃんが購入した非常に古いものが未だに現役で動いています。(使わない時は猫の寝床になっている)

今、家電量販店に行くと体験コーナーが用意されていて、新しいマッサージチェアがズラッと並んでいますよね。

また、銭湯などに行くと15分300円程度で休むこともできます。

マッサージ機は人の手より気持ちいい?

技術の進化は素晴らしく、最初に体のラインをスキャンして情報を読み取ってからポイントを定めて揉むタイプのもの。

肩を掴むようにして圧迫するタイプのもの。ヒーターが付いていてじんわり温めてくれるもの。

膝から下をしっかり圧をかけて足裏までカバーしているもの。

好みに合わせてマッサージのもみ方を変えてくれるものなど、機能一つとっても様々ありますね。

 

また、最近の主流としては電動リクライニングがついていて「ゼログラビディ」という無重力状態を作り出す機種がほとんどです。

これにより、座位の状態の疲労が軽減され体がリラックスした状態で筋肉に働きかけることができます。

重力から開放されることで体が軽く感じる上に、体が包み込まれているという安心感からも筋肉の緊張が少なくなります。

 

ただ、マイナーチェンジが多く、すぐ型落ちになるため値段がピンきりではありますが必ずしも値段と満足度が一致するわけではないようです。

現に実家にあるものは30年も前のものですが現役ですし、夫の実家にあるものも10年ほど前のものですがやはり現役です。

価格が安いものでも10万以上しますが、その分何十年と使えるので、逆に最新式の高いモデルを購入したのにそのうちに物干し竿を貸していたり、場所をとるために倉庫に置きっぱなしになっていたりという話もよく聞きます。

時間が設定されている理由とは

マッサージ機といえば、15分や30分に設定されている物がほとんどです。

「最初から60分やりたいのに」

15分終わったらまた追加、追加とボタンを押していませんか?

 

そう、マッサージ機は基本的に15分程度で終了します。

それ以上の使用は体に負担がかかるから、安全に受けられる時間というものが設定されています。

マッサージ機

その理由は明確にされていませんが、15分以上続ける連続稼働は人の体に悪影響を及ぼす可能性があるということです。

施術もそうですが、長時間が必ずしも良いわけではなく体の状態によってはかえって疲労回復を妨げてしまうこともあります。

刺激が多いことで反発が強くなってしまったり、変えて疲労が蓄積されてしまったりすることもあるのです。

 

全身疲労コースというものでも、10分前後で設定されているものがほとんど。

毎日使うのであれば、やはり使用時間は守ったほうがいいでしょう。

マッサージチェアはあくまで症状を緩和するもので、治療器具ではありません。

強弱の調節ができない

体のラインをスキャンできるものであっても、骨の位置や筋肉の付き方などを細かく分析しているものはありません。

機械ではまだ人の体の個体の違いを見分けることができないのです。

 

筋肉の張り方、付き方などは本当に人それぞれ。

施術者は、直接手で触れてその固さや位置を把握しながら指圧などの施術を行いますが、機械は同じ動きしかできません。

ここはやらないで!という注文や、首などの繊細な部分は弱く、のような微妙な強弱も難しい。

押されている時は気持ちよくてもあとから痛めてしまった・・・ということもあります。

 

機種によってはフットマッサージャーがついているものがありますが、ふくらはぎ全体的を圧迫して緩めるといったことは人間には不可能です。

このように一時的に筋肉を圧迫すると筋肉にギュッと力が入り、反発します。

そして、それが緩むことで血液が一気に流れ、今まで凝っていた部分が柔らかくなったりシコリがなくなったりしてコリが解消された!と感じるのです。

開放感を感じることで、人の体は気持ちいいと認識します。

その圧迫が強すぎても反発だけで終わってしまうので、体がリラックスした状態で適度に圧をかけるというのが重要になります。

これが痛気持ちいいという状態です。

 

例えば、腰が痛い本当の原因は肩だったという場合。

その痛みを解消するのに、腰を集中的に15分、足りなくて更に15分と追加していって、一時的に強い力が加わってしまい、かえって痛みが取れないというケースもあるのです。

いわゆるもみ返しの状態ですね。

普通であれば揉み返しも2,3日ほどで痛みが和らぎますが、筋肉の耐性より強い力だった場合炎症を起こしたりします。

筋肉疲労だけの問題ではない

単純に体の疲れは筋肉疲労だけとは限りません。

心、環境、生活リズムなど原因となるものも一つではないのです。

仕事でのストレスなども、健康に影響を及ぼします。

人の体は複雑にできていて、色んなものを一つずつほぐしていくことで快適な体を作り出すことができます。

マッサージ機に30万ほどかける前に、まず時間はかかっても自分の生活を見直すことをおすすめします。

>>【毎月開催】漢方薬膳と陰陽五行のおはなし会

人の手ではできないこともある

とはいえ、機械だからこそできるアプローチもあります。

 

例えば、背中を丸いローラーで転がすということは機械でなければできないこと。

リクライニングの状態で背中を揉むということも人の手では難しいですよね。

 

コリの元は老廃物、疲労物質が溜まること。

つまり、血液を上手く循環させることができれば解消出来るのですね。

マッサージ機は日常のサブ機としては有効

ちょっとリフレッシュしたい、手軽に済ませたいときには非常に有効なマッサージ機。

部分的に体が固まっている、全体的に体が硬すぎるという場合、マッサージチェアで凝りを改善しようとすると思わぬ怪我につながってしまいます。

日常的な姿勢の改善や軽いストレッチなど、セルフケアも取り入れていくといいですね。

 

機械に期待しすぎず、上手く利用して快適な体を維持してきましょう。