水戸の美龍堂 からだ研究所の巴です。

 

漢方薬も身近になり、病院の処方箋でも漢方薬が選べるようになってきました。

健康志向のかたは、薬よりも漢方薬がいいという方も多いです。

ドラックストアでも漢方薬のコーナーが充実して、どなたでも手に取りやすくなってきた反面、ありすぎて選び方がわからない!ということありませんか?

飲んだことあるけど全然効かなかった。本当に効くの?という話も聞きます。

漢方薬はどう選ぶの?

一般にドラックストアなどで販売されているものは、薬剤師さんなどとお話をしながら、基本的に自分で選び購入します。

病院で頂くように、先生から「これ飲んでね」と渡されるものではありません。

 

その時に目安となるのが箱に書いている効能や説明ですが、これは本来の効き方と違う切り口で販売されていることがあります。

便秘の解消がメインであるのに、脂肪を溶かす!としてメタボリック解消のコーナーにあったり、腎虚の回復がメインであるのに高齢期の尿トラブル改善として置いてあったり・・・

事前に自分の症状を把握し、「コレがほしい!」と事前に調べていかないとなかなか手に取らないようなパッケージがほとんどです。

また、いくら漢方薬と言っても自分の体質に合わないものを服用すると副作用も出る場合がありますのでどれでもいいや!という選び方は危険です。

丸薬の飲み方

漢方独自の診断方法

漢方の診断は独特で、主に望診・聞診・問診・触診の4つを使います。

更に細かく項目が10個あるのですが、寒熱・汗など体の状態を見ながら「証」というものをチェックしながら決めます。

これが、西洋医学でいう診断書になるのです。

一つの症状で見ないのが漢方

例えば、風邪の場合。

「2日前から発熱が続いています。咳がでます」

というと、解熱剤と抗生物質などが出てきますが、漢方では普段の状態から見ていきます。

表に出ているものだけでは判断しません。

 

その人の普段の状態、いま表に出ているものがどこから来ているのかの根本的な原因を探ります。

小さい頃からの体質であったり、今までかかった病気、最近の体調、生活リズムや食べ物などを総合して判断します。

同じ風邪でも、普段が冷えタイプなのか、熱タイプなのか、津虚タイプなのかによって対処が変わってくるのです。

そのために、単純に「風邪」と探して漢方薬を手に取ると選択肢がありすぎて、結局は、認知の高い「葛根湯」などを購入するものの効果はいまいち?とうこともあります。

葛根湯は風邪で受診すると大概出てきますが、自分が今飲むタイミングなのかというのは、そもそも葛根湯の成分を知る必要があります。

葛根湯は葛がベース

補足すると、葛根湯は「実」タイプには向きません。

実とは、目や声に力があり体格がよく汗をしっかりかくような方。体育の先生のイメージです。

 

というのも、葛根湯の主な生薬「葛根」は身体に潤いを与え、五性としては涼です。
「麻黄」「桂皮」などは発汗作用を促してくれますし、「芍薬」は痙攣の緩和や鎮痛作用、「甘草」は虚弱の改善や体力補強、作用を穏やかにします。

風邪の初期症状のような悪寒がする場合や、肩こりなど筋肉が熱を持って張りが強い時、こわばりがあるようなときには非常に有効ですが、解熱後や冷えが強い方にはあまり向きません。

風邪だから葛根湯がいい!というわけではないんですね。

この証は、季節であったり体調によって変化します。

ですので、不調がなくてもできれば季節ごとに定期的に体の調子を見ていく必要があります。

漢方は効かないってほんと?

漢方は最近ぐっと身近になってきましたが、一方で「漢方は効かない」という話も聞きます。

医師から処方されたものであってもです。

処方される漢方薬

ドラックストアなどでも販売されていますが、処方されたものとの違いは含有量にあります。

市販のものは生薬は同じでも、少し量を抑えて作ってあります。

要は誰でも手に取れるので、万が一のことがおきにくいようになっているんですね。

とはいえ、使っている生薬は同じなのでそれほど大差はありません。

だからこそ、どれを選ぶのかによって効果の出方もかわってきます。

 

漢方は元が薬草や鉱物などの生薬と呼ばれるもので構成されていて、自然にあるもので作られています。

体調など慢性的なもの、未病の状態で体質改善を目的として飲む場合は時間がかかりますが、それ以外は早くて2日目〜1周間くらいの間に体感があります。

体感というのは、例えば身体のだるさがなくなったり、眠りが深くなったり、胃腸の調子が戻ってきたりなどです。

1週間たっても体感がない場合は、今の身体と合わなかったと思っていいでしょう。

悪いものではないですが、飲む必要がないものは取る必要がありません。

変化がないな、というときはもう一度、証を見直して身体の状態を分析しましょう。

漢方を探す時に重要なこと

ここまで書いたように、漢方は特に、表面上の症状のみで判断しないこと。

今までの体調を見てから判断することが重要です。

 

大まかなポイントは実か虚か。

気血水のバランスはどうか。

臓器のどこから来ているのか。

特徴的な身体の症状はでているか。

 

通販でも手に入ってしまう漢方。

効かないイメージがありますが、対処療法の西洋医学と違い、根本治療だからこそバッチリハマれば体調はぐっと変化します。

とはいえ、漢方薬はあくまでサポートですので基本的には食事で体を整えていきましょう。

快適に動く心と体作り、美龍堂としてもお手伝いしていきたいと思います。

The following two tabs change content below.
研究員 巴

研究員 巴

するめオーナー美龍堂
秋田県出身。 やりたいと思ったことはまずやってみる。一度ハマるととことん突き進む猪突猛進型。 高校卒業後は専門学校へ。ゲームソフトクリエーター科へ進学する。プログラムからデザイン、シナリオ等幅広く2年学んだ後、就職先に選んだのはリラクゼーション業界。 人の体に触れるうちに、筋肉だけでなく人そのものに興味が湧き、心理学、薬膳、易やマヤ暦、陰陽五行なとを学ぶ。 2015年に独立起業し、メインのもみほぐしだけでなく、今までの経歴を活かしたパソコン関連のお悩み相談や薬膳や鑑定の依頼も受けている。 プライベートでは4児の母。だんよめにて夫婦でブログを更新中。 もう一つの事業として、やりたいを形にする本拠地プロジェクトも行っている。