水戸の美龍堂 からだ研究所の巴です。

 

11月23日は祝日です。

カレンダーにも載っている通り、勤労感謝の日として旗日となっていますがどんな日なのか?を知っている方はどれくらいいるのでしょうか。

新嘗祭とはどんな日なの?

明治6年に太陽暦が導入され、7年以降は11月23日が勤労感謝の日と固定になっていますが、これは実は旧暦11月の2回目の卯の日に行われていた新嘗祭(にいなめさい)のことを指します。

嘗というのはご馳走のこと。

10月17日 神嘗祭 賢所に新穀をお供えになる神恩感謝の祭典。この朝天皇陛下は神嘉殿において伊勢の神宮をご遙拝になる。

11月23日 新嘗祭 天皇陛下が,神嘉殿において新穀を皇祖はじめ神々にお供えになって,神恩を感謝された後,陛下自らもお召し上がりになる祭典。宮中恒例祭典の中の最も重要なもの。天皇陛下自らご栽培になった新穀もお供えになる。

出典元:宮内庁HP

ここに記載されているように、神嘗祭で一度感謝の日があり、その約一ヶ月後に改めて新穀をお供えし感謝を捧げ、自ら食す日が新嘗祭。

各都道府県から選ばれた農家のみが、新嘗祭でお供えする米と栗を献納できるようになっています。

同日午後6時から夕の儀式が始まり、午後11時からは暁の儀式がそれぞれ2時間ずつ行われます。

 

勤労感謝の日は1948年に法律で「勤労を尊び、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう日」と定められていますが、この神事が行われてきたのはそれよりもずっと前からです。

古くは、古事記に天照大神が新嘗祭を行ったという記載があります。

それを踏まえると、勤労感謝の日とは勤労を労う日という休日ではなく、もっと神事として精神的な意味もあったのではないかと解釈できます。

天照大神と神社

天照大神とは、太陽神であり伊勢神宮の祭神。

その孫である邇邇藝命は、天皇の家祖とされる神武天皇のさらに祖であるとされています。

瓊瓊杵命は、天照大神より斎庭の稲穂を授け、人々に恵みをもたらすようにと大地に遣わされたとあります。

そして、大和の国が造られました。

 

天照大神についても諸説あり、

  • 実は天照大神は男神アマテルであり即ち饒速日である。
  • その饒速日は瀬織津姫と夫婦である
  • 瀬織津姫は木之花咲耶姫である

などどれも非常に興味深いので、お好きな方はぜひ調べてみてください。

 

新嘗祭と陰陽五行

話を戻して、なぜ旧暦11月の卯の日に新嘗祭が行われるのでしょうか。

 

これは、陰陽五行では11月は子月で冬。水の兄。

卯は2月で春を指します。

すなわち卯日(木の弟)が合わさることで陰陽が揃うとされました。

 

五行でみると相生の関係で、水生木は「木は水によって養われ水がなければ木は枯れてしまう」ということ。

木である卯は春の生命力を持っています。

陰気から陽気に移るはじまりの日が11月の卯の日だったのです。

 

神社の成り立ち

新嘗祭は皇室の行事とされていますが、伊勢神宮や出雲大社など各地の神社でも行われています。

また、古くは各家庭でも行われていたという文献も残っています。

 

先に出てきた天照大神のように、日本では神様を祀った神社というものが存在します。

同じ系統のところでは、名前が違っていても祭神が違っていても神紋が同じです。

 

例えば先日、酉の市でお手伝いをした鷲神社は神紋が三つ巴でした。

 

合わせて読みたいおすすめ記事

「酉の市の熊手で運をかきこむ」

 

この三つ巴とは巴紋と呼ばれるものの一部で、巴紋は武神八幡神の神紋です。

神紋三つ巴

八幡神宮の八幡は「やはたのかみ」と呼ばれ、応神天皇とされる誉田別尊がルーツです。

応神天皇はその後「八幡太郎」と名乗り、これが八幡神宮の由来となりますが、巴の漢字の成り立ちで面白い話があります。

 

巴という漢字が当てはめられたのにもいくつか諸説あり、

  • 水の流れが渦を巻いている様子
  • 蛇がとぐろを巻いている様子
  • 電光の光る様子
  • 古代装身具の勾玉を表す

の他に、神功皇后が神羅遠征中に応神天皇を身ごもっていた姿を模しているという説があります。

それから巴が神紋になったのかは文献が残っておらずわかりませんが、こちらも家紋を紐解いていくと非常に面白いことが分かってきます。

 

 

鹿島神宮と新嘗祭

戦いの神として有名な鹿島神宮も三つ巴です。

 

鹿島神宮の祭神は武甕槌命。

天照大神に命を受け、香取神宮の経津主命と共に大国主命のもとへ行き国譲りの交渉をし、鹿島の地を統治しました。

 

この鹿島神宮の桜門は、水戸藩初代当主である徳川頼房により奉納されたもの。

 鹿島神宮桜門

水戸といえば水戸八幡宮ですが、こちらも神紋は三つ巴ですね。

 

こういったルーツを辿ってみると、はるか昔から人の魂と神は大きな輪の中に在るのだなと改めて思い知らされます。

見えない力が働いている。

生かされているんですね。

 

今ここに命があること、この新嘗祭に合わせて感謝の祈りを捧げたいと思います。

 

The following two tabs change content below.
研究員 巴

研究員 巴

するめオーナー美龍堂
秋田県出身。 やりたいと思ったことはまずやってみる。一度ハマるととことん突き進む猪突猛進型。 高校卒業後は専門学校へ。ゲームソフトクリエーター科へ進学する。プログラムからデザイン、シナリオ等幅広く2年学んだ後、就職先に選んだのはリラクゼーション業界。 人の体に触れるうちに、筋肉だけでなく人そのものに興味が湧き、心理学、薬膳、易やマヤ暦、陰陽五行なとを学ぶ。 2015年に独立起業し、メインのもみほぐしだけでなく、今までの経歴を活かしたパソコン関連のお悩み相談や薬膳や鑑定の依頼も受けている。 プライベートでは4児の母。だんよめにて夫婦でブログを更新中。 もう一つの事業として、やりたいを形にする本拠地プロジェクトも行っている。