水戸の美龍堂 からだ研究所の巴です。

 

12月に入ってくると、しめ縄や鏡餅などのお正月飾りが並び、もうすっかり年の瀬なのだなぁと一年の早さに驚きます。

そこで、意外と迷うのが「正月飾りはいつから飾るのが正解?」という飾る時期や場所のこと。

 

一般的には、12月30日までに整えるとよいとされていますが、具体的にいつ?どこに?どんな風に?というのは改めて聞かれると戸惑いますよね。

正月飾りはどう飾る

お正月飾りと一言で言っても沢山の種類があり、それぞれの役割と場所が異なります。

まずは代表的なものからみていきましょう。

 

しめ縄飾り

注連縄(しめなわ)は入り口であり、現世と神聖な世界つなぐところ。

正月のしめ縄

その由来は、天岩戸に天照大神が再び戻らないようにしめ縄で岩を塞いだことが始まりだとされています。

神社には年末年始に限らずしめ縄が飾られていますが、神様がいる神聖な場所であり不浄なものが入らないようにという浄化の意味があります。

御神木に飾られているものもその意味です。

 

あわせて、この白いお飾りは紙垂(かみしで)と言われるもので、和紙を特殊な裁ち方で切ったもの。

これは稲妻の形を模していて、落雷が豊作をもたらすという言い伝えがあります。

水田に落雷すると窒素が増えて稲の実りが良くなるのだとか。

「しめなわに、細い藁を二、三本下げる風習があるでしょう。あれはね、きみたち何故だかわかりますか?」「太いしめなわの本体は雲、細く下がっているのは雨をあらわしています。そして、白いごへいは稲妻です」

出典元:教師 宮沢賢治の仕事

といったのは、あの有名な宮沢賢治。

花巻農学校で教鞭を取っていた時にそんな授業を行ったそうですよ。

 

門松

年神様の依代の目印になるのが門松です。

古くは松(祀る)の木のこずえに神が宿ると言われていたこと、そして宮中行事である「小松引き」が起源とされています。

小松引きというのは、年明けの初めの子の日に山に行き、小さな松の木を引いてくるという遊びのこと。

この「子の日の松」が長寿をもたらすと言われていました。

 

今の標準的なスタイルとして竹を中心に松と梅、南天などを使った見た目にも鮮やかな飾りになっていますよね。

本来は松のみを飾ったシンプルなものでした。

門松門松は、玄関の両脇に飾ります。

両脇に飾るのは、実は門松には雄雌種類があり、左に雄で右に雌を飾ります。

 

しめ飾り

門松と同じく、玄関や軒先に飾り、神様の目印となるものがしめ飾りです。

しめ縄に松竹梅や橙(代々繁栄する)ゆずり葉(子孫繁栄)水引(縁を結ぶ)など様々な飾りがついたもの。

 

しめ飾り

 

最近では洋風の玄関に合うように、丸いしめ縄にカラフルな色がついたものや、華やかなお花がついたしめ飾りも増えてきました。

それに伴って、厄除けの意味も込めて自家用車やバイクなどに飾られているのも見かけるようになりましたね。

各部屋や水回り、トイレやお風呂などに一つずつ飾るところもあります。

 

鏡餅

丸くした大小の餅を重ね、橙をのせたものを神様にお供えするのが鏡餅。

人の心臓を表す円形と、それが鏡にみえることから鏡餅という名前がつけられました。

 

鏡餅

 

鏡餅と一緒に昆布(よろこぶ)やゆずり葉を供えるところもあります。

 

こちらは玄関、床の間を始め、神棚や仏壇、台所や寝室など各部屋に一つづつ飾ります。

 


正月飾りを飾る時期としまう時期

ここまで代表的な正月飾りをあげてきましたが、しめ縄など正月飾りを飾る時期は年神様を迎える準備ができてからです。

本来は12月13日のすす払いという大掃除を終えてからが目安なのですが、現代ではクリスマスの後、落ち着いてからがよいとされています。

 

末広がりの8ということで28日が一番適しているのですが、タブーなのが29日と31日に飾ること。

29日は「苦にたつ」、31日は「一夜飾り」と言って縁起が悪く失礼に当たります。

 

もちろん、家の中をきれいに掃除して、場を整えてから飾るのが大前提です!

 

年が明けて1月11日を迎えたら、鏡開きという行事があります。

それが武家から始まった行事であるため、刃物を当てるのは切腹を意味しタブーとされています。

 

鏡開き

 

木槌などで割り、お雑煮やおしるこなどにしていただき家族の健康と無病息災を願いますが、お餅だけでなく大きな酒樽に入った日本酒を木槌で割り振る舞うところもありますね。

こちらも祈願成就などの意味が込められています。

 

それ以外のしめ縄などのお飾りは、1月15日の小正月に神社などで処分しましょう。

どんど焼きと言って、お飾りを一斉に集めて火にくべるという行事が行われます。

 

 

12月に入ったら少しずつ掃除などを始めて、最後に慌てないように余裕を持って準備をしていきましょう。

そして、年神様をお迎えして家族みんな健康で楽しい一年にしていきたいですね。

The following two tabs change content below.
研究員 巴

研究員 巴

するめオーナー美龍堂
秋田県出身。 やりたいと思ったことはまずやってみる。一度ハマるととことん突き進む猪突猛進型。 高校卒業後は専門学校へ。ゲームソフトクリエーター科へ進学する。プログラムからデザイン、シナリオ等幅広く2年学んだ後、就職先に選んだのはリラクゼーション業界。 人の体に触れるうちに、筋肉だけでなく人そのものに興味が湧き、心理学、薬膳、易やマヤ暦、陰陽五行なとを学ぶ。 2015年に独立起業し、メインのもみほぐしだけでなく、今までの経歴を活かしたパソコン関連のお悩み相談や薬膳や鑑定の依頼も受けている。 プライベートでは4児の母。だんよめにて夫婦でブログを更新中。 もう一つの事業として、やりたいを形にする本拠地プロジェクトも行っている。