水戸の美龍堂 からだ研究所の巴です。

 

12月後半、22日前後に二十四節句の一つ「冬至」があります。

冬至といえばかぼちゃとゆず湯がセオリーですが、どうして冬至に行うのでしょうか?

 

冬至はいつ

もともと中国では太陰暦がもちいられ、太陽とのズレを補うために日付に関係なく季節の区分をする必要がありました。

そこで、一年を二十四に分け、気候に合わせた心と体のケアを行っていたのです。

今は祝日になっている春分や秋分の日、夏至や冬至がこれにあたります。

 

以前こちらの記事でかいた節分も同じように思えますが、こちらは二十四節句の補助的な暦として設けられた雑節といわれるもの。

節分、端午の節句、七夕などがこれにあたります。

 

さて、今回の冬至ですが、だいたい12月22日頃にあたります。

北国では積雪が始まる頃ですね。

いよいよもって冬がやってくる。そんな時期が冬至なのです。

 

冬至に入るゆず湯

冷えは体に寒さをもたらし、漢方薬膳でいうと「寒邪」といってそれにより邪気が入り込みます。

寒邪はあらゆる動きを止める、内蔵の働きや筋肉の硬直、引きつりを起こすのです。

ですので、冬至の日は体を温めるものとして湯治というものを行っていました。

冬至は特にその寒さ、陰の気が高まるのでお湯に入るだけでなく、陰が反転するようにと考えられたのがゆず湯です。

 

ゆず湯

 

ゆず湯は邪気払いの意味があり、体を清めて落ち込みがちな運をパワーアップさせるもの。

あの強い柑橘系の香りは、漢方薬膳では気の巡りを良くしてくれる食べ物です。

端午の節句にも菖蒲湯や勝負を飾る習慣がありますが、これもゆず湯と同じく香りで気の巡りをよくし、邪気を払ってくれます。

 

合わせて読みたいおすすめ記事

端午の節句と鯉のぼり

 

さらに、ゆずの黄色は金運を意味します。

形も丸形、易で言うと「乾」にあたるので物事を生み出し活動させる力があるのです。

すべての活動が停止してしまう冬ですので、それを溶かす太陽のような意味もあったのでしょう。

 

冬至にかぼちゃを食べるのはなぜ

ゆず湯とあわせて、冬至にはかぼちゃを食べる習慣があります。

 

冬至の日は、陰が最も極まる日。

夜が一番長い日でもあります。

 

このことから「一陽来復」陰が極まれば陽がやってくるという春を告げる言葉が生まれました。

冬であり春。

止まったものが動き出す日が冬至です。

 

雪だるま

 

南京のように「ん」が付くものは運がつくと言われていたので、かぼちゃを食べることで運も上昇していくと考えられました。

かぼちゃは夏の野菜ですが保存が効く上に栄養豊富なこともあって、食べ物が不足しがちだった冬至にかぼちゃを食べると風邪を引かないと言われるようになったのです。

むしろかぼちゃは冬至までに食べないと悪くなることから「冬至かぼちゃに年を取らせるな」と言われ、冬至の日にかぼちゃを食べるようになったという説もあります。

 

冬至の朝はあずき粥

他にも、冬至の食べ物としてあずき粥があります。

小豆の赤の魔除け、邪気払い、毒出しという効果もあり、小豆は特にもち米などと合わせて節目ごとに食べる風習がありますよね。

かぼちゃと小豆を煮たものはいとこ煮と呼ばれ、こちらも栄養豊富で滋養強壮にはもってこいな食べ物です。

 

こんにゃくを冬至に食べる

地域によってはこんにゃくを食べるところもあるようです。

こんにゃくも中国から入ってきたもので、その整腸作用から薬として重宝されました。

漢方薬膳でみると、「苦味」にあたり、体に溜まった毒素を砂払いしてくれる食べ物です。

一年の疲れや汚れも冬至の日にすべて洗い流す、そんな思いがあったのでしょう。

 

冬至を迎えて開運

パワースポット巡りもいいですが、ただ行くだけでは一時的な変化しかありません。

毎日の積み重ねがあって運は作られていきます。

 

エネルギーは方向・質・量が揃って初めて力を発揮します。

 

方向「思考や意識」

質は「環境」

量は「人や物体から取り入れる」

 

とすれば、薬膳など食べ物によるものは量のパワーアップ。

パワースポットや自分にとって気持ちのよい環境に囲まれることは質のパワーアップに繋がりますね。

温泉

冬至にお風呂でゆず湯につかり、かぼちゃを食べることは、開運の2つの条件を満たしているので非常に効果的です!

 

あとはそのエネルギーをどこに向けるのか。

冬至を迎えると、大晦日はもうすぐです。

 

家の身支度と共に身体も整えて、この冬を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

The following two tabs change content below.
研究員 巴

研究員 巴

するめオーナー美龍堂
秋田県出身。 やりたいと思ったことはまずやってみる。一度ハマるととことん突き進む猪突猛進型。 高校卒業後は専門学校へ。ゲームソフトクリエーター科へ進学する。プログラムからデザイン、シナリオ等幅広く2年学んだ後、就職先に選んだのはリラクゼーション業界。 人の体に触れるうちに、筋肉だけでなく人そのものに興味が湧き、心理学、薬膳、易やマヤ暦、陰陽五行なとを学ぶ。 2015年に独立起業し、メインのもみほぐしだけでなく、今までの経歴を活かしたパソコン関連のお悩み相談や薬膳や鑑定の依頼も受けている。 プライベートでは4児の母。だんよめにて夫婦でブログを更新中。 もう一つの事業として、やりたいを形にする本拠地プロジェクトも行っている。