水戸の美龍堂 からだ研究所の巴です。

 

皆さん、養命酒ってご存知でしょうか?

赤いパッケージのあの養命酒、昔おじいちゃんやおばあちゃんが飲んでいた。という方もいるかも知れませんが、生薬がバランス良く配合されていて、実は若い方にもおすすめできる優れた商品なのです。

養命酒の生薬について

養命酒は第2類医薬品で、14種類の生薬が溶け込み効能・効果のある薬酒です。

それぞれの特徴を活かして配合された14種類の生薬の相乗作用から、
薬用養命酒の滋養強壮剤としての効能が生まれます。

成分・分量(60mL中)

日局インヨウカク114mg
日局ウコン36mg
日局ケイヒ270mg
日局コウカ12mg
日局ジオウ60mg
日局シャクヤク60mg
日局チョウジ24mg
日局トチュウ18mg
日局ニクジュヨウ48mg
日局ニンジン60mg
日局ボウフウ96mg
日局ヤクモソウ48mg
 ウショウ594mg
 ハンピ12mg

上記の生薬を日局規定のチンキ剤製法に準じて浸出する。
添加物として、みりん、アルコール、液状ブドウ糖、カラメルを含有する。
アルコール分14vol%

引用元:養命酒製造株式会社

薬用養命酒は「合醸法」という方法で製造されていて、生薬を予め配合し原酒に浸漬して熟成させる方法をとっています。

巡らせる、補う、温めるといった3つの働きを持つ生薬が使われています。

ウショウの生薬について

例えば、ウショウという生薬がありますが、これはクロモジという木の幹や枝から取れるもので、香りが高く高ぶった神経を抑えてくれてよく眠れるようになったり、痰や咳をしずめて気管支粘膜の充血を取り除いたりしてくれます。

また、胃腸の調子を整えたりや下痢や急性胃腸炎などにも効き目があります。

お風呂に入れると神経痛やリウマチ、湿疹やただれにもよいとされています。

クロモジ

ケイヒの生薬について

次に多く配合されているのがケイヒ。

これは言わずとしれた、シナモンのことです。

ケイヒ

症状としては、発熱、頭痛、発汗、のぼせなどに用いられ、ケイヒの独特の香りは香辛料などにも使われていますよね。

インヨウカクの生薬について

あまり聞き慣れないインヨウカクは腎機能を高める生薬です。

イカリソウとも呼ばれますが、「淫羊」という字があてられるエピソードとして、雄の羊がこれを食べると百回交合すると言われているそうです。

イカリソウ

冷えが極まっているかた、年齢により腎機能が低下している方によいとされています。

 

これらを中心に、14種類の生薬がバランス良く溶け込んでいるため、養命酒は60mlという少量でも続けると体質の改善ができるというわけです。

どうして養命酒はできたのか

養命酒は慶長7年(1602年)信州伊那の谷・大草の塩沢家当主、塩沢宗閑翁によって創製されたと言われています。

この塩沢宗閑翁という方について、こんな記述がありました。

時は慶長年間。信州伊那の谷大草(現在の長野県上伊那郡中川村大草)に、大庄屋として知られる塩沢家があった。その当主・塩沢宗閑翁がある大雪の晩、行き倒れている旅の老人を救い出し、塩沢家に迎え入れて手厚く介抱した。老人は人の情の温かさと伊那谷の風景を気に入って3年間も塩沢家に逗留していたが、塩沢家を去るにあたり、こんな申し出をしたという。「助けて頂いた御恩に報いたいが、旅の身である自分は何も持ち合わせていない。ただ一つ、霊酒の作り方を心得ているのでそれを伝授しましょう。幸いこの地は原料も豊富に揃っているし、風土も適しています」。
この時教えられたのが薬酒の製造法だった。宗閑翁は自ら飼っていた牛に跨り、地元の深山幽谷を探索して薬草を採取。秘伝の製法に従って薬酒を作ることに成功した。そして1602(慶長7)年、「世の人々の健康長寿に尽くすこと」を願い、この薬酒を養命酒と名付けた。
元々造り酒屋でもあった塩沢家にとって、酒の製造はお手のもの。宗閑翁は願い通り、養命酒を近隣の病人や貧しい村人に分け与えた。やがて養命酒の評判は伊那谷一帯を越えて伝わり、山を越えて養命酒を求めに来る人が絶えなかったという。

引用元:ニッポンロングセラー考

これはただの作り話ではなく、戦後消失した『信濃風土記』には徳川家康が江戸幕府を開いた時にこれを献上し、幕府から「天下御免萬病養命酒」として霊薬の象徴“飛龍”の使用を許された書かれている。

この飛龍のマークは今でもパッケージやボトルに使われていて、日本で最も古い商標の一つなのだそう。


【第2類医薬品】薬用養命酒 1000mL

飛翔というのは、この画像の上のマークですね。

 

誕生から300年も経つと、地元信州では知らないものはいない程高価な薬酒として広まっていきました。

子供の栄養補給に養命酒

戦後になると養命酒は薬局、薬店ルートで販売を開始しましたが、当時は子どもの栄養が足りず虚弱児童が多かったこともあり「子どもが飲んで元気になったから、大人が気になって一緒に飲み始めた」という流れが多かったそうです。

ただ、今はアルコールの度数が上がって14%あるため、子どもの飲用はできません、

養命酒を飲むとどうなるの?

現在薬用養命酒がうたっている効果と効能は全部で7つ。

肉体疲労、冷え性、胃腸虚弱、病中病後、食欲不振、虚弱体質、血行不良です。

 

これらは養命酒を飲むことで、生薬成分が体の隅々まで巡り、血行と代謝をよくすることで自律神経を整えていきます。

自律神経が整うことで、気の不調「気虚」「気滞」の改善が期待できます。

特に冷えている現代人には必要な生薬ですね。

未病を防ぐ薬用養命酒

1957年、東京大学の田坂定孝教授らが、10~50歳代の3094人(男性1445人、女性1649人)の健康な方の体温を計測したところ、平均体温が36.89℃を中心に36.55〜37.23℃であるという結果がでました。

2008年にテルモ株式会社が平熱に関して調査を行ったところ、大人が36.14℃で子どもが36.39℃であるという結果になりました。

 

がん細胞は35℃前後が一番活発であるとされ、体温が高いと体の隅々まで血液が行き渡り免疫細胞が活発に活動を始めるため病気にかかりにくいという話があります。

漢方、薬膳の考え方は「未病」を防ぐこと。

2000年以上前の中国の書物『黄帝内経素問』(こうていだいけいそもん)の中に「聖人は未病を治す」と書かれていて、予防の重要性が既に認識されていたことがわかります。
「未病」とは、発病には至らないものの軽い症状がある状態です。
五臓六腑がつながっているという考えが根本にあり、軽いうちに異常を見つけて病気を予防するという考え方です。

引用元:日本医師会

この未病を防ぐことに、薬用養命酒は力をいれているのです。

薬用養命酒の飲み方

養命酒は、アルコール度数が14℃あるため未成年の子どもは飲用できません。

また、妊娠中の方、授乳中の方、他の薬を服用中の方で少量のアルコールの飲用を止められている方は医師または薬剤師の方とご相談ください。

高血圧や糖尿病の方も規定の範囲内であれば飲用はできますが、加療中のかたは医師との主治医との相談が必要です。

医師と相談

薬用養命酒は対処療法ではなく、体本来の機能を高めるものなので2ヶ月から3ヶ月は飲み続ける必要があります。

服用方法は1回20mL、1日3回が規定の用法で、これ以上回数を増やしても量を増やしてもよく効くというわけでもないのです。

 

養命酒は14℃アルコールがあるので、医薬品でありながら運転前の服用はNGとなります。

 

また、養命酒は製造後4年間は品質に問題はなく、開封後1年は季節に関わらず常温での保存が可能。

冷蔵庫で冷やしても問題はありません。

 

冷え、不眠、疲れが取れないなど不調がある方は是非、試してみてください。