水戸の美龍堂 からだ研究所の巴です。

 

マヤ暦には20の紋章があり、それがすべて自然にあるものを表しています。

その中の1つ、赤い蛇という紋章があります。

赤い蛇の紋章の人

マヤ暦での赤い蛇の特徴は、まず「狙ったものは手に入れる」という現実主義者なところがあります。

蛇って狙ったものは逃さないという確実に仕留める!イメージありますよね。

なんとなくのこうなったらいいな、ではなくて一度決めたらそれに向かってひたすら突き進んでいくエネルギーの強さがあります。

夢を叶える力が一番高い。

逆に言うと叶うまで諦めない為執着心が生まれやすく、欲望(本能)のコントールがキーワードになってきます。

疲れたりイライラしたり、自分の心の状態によって乱れてしまうので、理性を保つこと。

 

この赤い蛇の内面の情熱というものは表には出にくく、うちに秘めている人が多いのも特徴です。

というのも、蛇の習性で自分のテリトリーから出るとストレスがかかるのです。

新しい場所や知らない場所、全く知らない人たちの輪の中に入るのが苦手。

自分のテリトリーというのは、自分が安心して自分を出せる場所のこと。

必ずしも家族だけではなく、友人関係や活動範囲において自分らしくいられるかがポイントになってきます。

警戒心が強く人見知りなところはありますが、一度心を許すと心の内を見せられるようになります。

その時、初めて内に秘めた情熱を目にするので、その情熱的な部分にびっくりされることもあります。

 

自分のテリトリーを広げるために、赤い蛇はじっくりと観察します。

そのため、真実を明らかにしたい。もっと知りたいという追求心が強いのも赤い蛇の特徴になります。

 

情熱的な赤い蛇

 

赤は始まり、勢いがあります。

熱血でエネルギッシュな力があり、自分主体で動くことができ自分の勢いで進むことができるのです。

そこに蛇が加わると、生命力や本能的な力が強まります。

 

ですので、赤い蛇の人はピンときたらまず動く。

行動派なタイプが多いですね。

 

一点、注意点を上げるとすると赤い蛇は周りに対してアンテナを張っているので非常に疲れやすく、リラックする時間を設けることが大事です。

体が疲れてくると心も疲弊し、段々ネガティブなほうに動いていってしまうので自分が休む時間を作りましょう。

生命力の強さが特徴的ですので、エネルギーの高さを保つためにも意識的に体を休めましょう。

また、スキンシップも好むので動物と触れ合ったり、手を握ったりハイタッチ!したり、ハグしたり、「いつも見ているよ」という声かけをしたりというのも効果的です。

 

ハグする親子

 

赤い蛇は司令塔

人見知りでよく観察して安心できるまでは動かないという赤い蛇ですが、グループの中に入ると意外にも司令塔として活躍します。

先に上げたように、赤い蛇は確実に結果を取りに行く力があります。

プロジェクトなどを実行する時に、成功に向かって突き進む情熱というのは周りを巻き込みますし、その推進力がプロジェクトの進み具合にも影響していきます。

 

その時にも気をつけてほしいのが、欲望(本能)のコントロール。

自己満足で終わりにならないように、時々周りを見ていきましょう。

 

 

赤い蛇の体験談

私は顕在意識が青い手、潜在意識が赤い蛇。

潜在意識を使えてる人のほうが少数派だ。という話を以前書きましたが、人の思考や感覚はこの無意識の部分が強いのではないかと思っています。

 

かく言う私も、欲しいと思ったものは手に入れる。欲しいと思った結果は自ら取りに行くという自分主体で動いてきた経歴があります。

そういった部分では、結果への執着心、集中力、情熱は赤い蛇の性質そのままだなぁと自分でも感じます。

 

そして、人になれるまで時間がかかる。

人見知りというのもそうですね。

比較的仲良くなっても胸の内はあまり見せませんし、理解するまでよく相手を見て観察する癖があります。

 

そのため、長く一緒にいる人は私の情熱的な思いなどに触れると「すごく熱い人なんだね!」とびっくりされます。

外見が大人しいのでそのギャップに驚くそうですよ。

 

生命力に関しても周りが驚くくらいタフで、今こうしてリラクゼーションの仕事を長く続けていられるのもそういった底力が強いからなのかなとも思います。

自分が動けないとセラピストとして活動できませんからね。

 

赤い蛇の方は、起業家、正義感を生かせるような仕事、営業、スポーツ選手などに向いているそうです。

身近な方で赤い蛇の方がいたら、じっくり話を聞いてみると意外な思いに触れることができるかもしれませんよ。

The following two tabs change content below.
研究員 巴

研究員 巴

するめオーナー美龍堂
秋田県出身。 やりたいと思ったことはまずやってみる。一度ハマるととことん突き進む猪突猛進型。 高校卒業後は専門学校へ。ゲームソフトクリエーター科へ進学する。プログラムからデザイン、シナリオ等幅広く2年学んだ後、就職先に選んだのはリラクゼーション業界。 人の体に触れるうちに、筋肉だけでなく人そのものに興味が湧き、心理学、薬膳、易やマヤ暦、陰陽五行なとを学ぶ。 2015年に独立起業し、メインのもみほぐしだけでなく、今までの経歴を活かしたパソコン関連のお悩み相談や薬膳や鑑定の依頼も受けている。 プライベートでは4児の母。だんよめにて夫婦でブログを更新中。 もう一つの事業として、やりたいを形にする本拠地プロジェクトも行っている。